ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UKオルタナの新星 Dinosaur Pile-UpがA-Sketchから日本デビュー決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリス・リーズ出身の3ピースバンド Dinosaur Pile-Up(ダイナソー・パイルアップ)が、A-Sketchより日本デビューする事が判明した。

Dinosaur Pile-Upは、ヴォーカリスト/ギタリスト/ソングライティングを担当し、レコーディングではすべての楽器を一人でこなすマット・ビッグランド率いる、UKオルタナティブロックの新星。イギリスでリリースした「Nature Nurture」は音楽雑誌「NME」で「このアルバムはグランジポップで溢れた傑作だ!」と絶賛されており、2014年には全米リリースも果たし、オルタナロックラジオチャート1位を獲得。全24公演のUSツアーを敢行し、今夏15,000人キャパの動員を誇るBRANDNEWのOAを務めるなどイギリスだけでなくアメリカでも反応が出始めている注目のバンドである。

日本では未知なバンドではあるが、マット・ビッグランドの才能とそのステージ上でのキラキラとした輝きを放つバンドとしてのパフォーマンスにスタッフが魅せられ、大きな可能性を感じたのは言うまでもない。そんな彼らの存在は日本でも広がりをみせ、「SUMMER SONIC 2014」への出演が決定。8月16日に大阪、17日には東京でのステージに登場する。

さらに同じく彼らを以前から注目していたタワーレコードから、7月16日に「Peninsula EP」の緊急リリースが決定した。この春スタート以降、音楽ファンに注目を集めている世界中の音楽をキュレーションするサイトMikikiの編集長・ダイサク・ジョビン氏は彼らの魅力について「昨日まで知らなかった、なんの前情報も無くネットでたまたま見つけた彼らの映像に目も耳も惹きつけられた。イギリスのライブハウスのステージの上で金髪のフロントマンであるギター&ヴォーカルのマットという若者は最高にキラキラしていて、最高に輝いていた。音楽的にわかりやすく伝えるには、Dinosaur Pile-Upの音楽はグランジ系UKロックというジャンルにカテゴライズされるのだろう。何よりもまず僕は、偶然にネットの中で〈スター〉と出会った」と語っている。

注目のUK3 ピースバンド、Dinosaur Pile-Up。この夏、SUMMER SONIC 2014で初来日を果たす彼らに注目したい。

【マット・ビッグランド(Vo./Gu.)コメント】
私達は長い間、この機会を待っていました。
日本でのリリースと日本を周ることはまさに夢の実現です。
日本へ行くのが楽しみで仕方ありません。

EP「Peninsula EP」
2014年7月16日よりタワーレコード渋谷店・新宿店及びタワーレコードオンラインで限定発売
¥1,000+税
<収録曲>
1. Peninsula
2. Derail
3. Arizona Waiting
4. White T-Shirt and Jeans

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Dinosaur Pile-Up オフィシャルサイト
ジブリ新作の主題歌を歌うプリシラ・アーン、アルバム詳細とともにビデオメッセージ公開!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP