ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キングソフト、Android向けMS Office互換の文書作成アプリの新バージョン「KINGSOFT Office Premium v6.0」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キングソフトは6月9日、Android向けMS Office互換の文書作成アプリの新バージョン「KINGSOFT Office Premium v6.0」をリリースしました。v6.0で、スマートフォンとタブレットでアプリUIが分かれ、それぞれの端末に適した表示になりました。スマートフォンでは「モバイルモード」(上図右)が、タブレットでは「タブレットモード」(上図左)が表示されます。また、クラウドストレージサービス「Box」に対応し、Boxにファイルをアップロードしたり、Boxのファイルリストを表示して開くドキュメントを選択したり、Box経由で別のユーザーにドキュメントを転送することができます。アプリでBoxを利用するにはBoxアカウントでログインする必要がああります。Write、Spreadsheets、Presenationにおける編集機能も今回のバージョンアップで強化されています。共通ダブルタップでドキュメントの拡大・縮小に対応閲覧モード・編集モードの切り替えに対応画面回転のロックを追加ファイルの形式別表示レイアウトを変更オンラインテンプレート機能を追加ドキュメント情報の表示に対応テキスト共有時のその他アプリの選択に対応Writer横フリックによるページめくりに対応Presentation表の挿入、編集に対応グラフの挿入と編集機能を追加リハーサル機能を追加PDF閲覧画面からのファイル送信に対応「KINGSOFT Office Premium v6.0」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、QuickCircleケースで外部アプリを利用できるようにする「QCircle SDK」の提供を発表、6月24日にサンフランシスコで開発者向けイベントを開催
Sony Mobile、国内版Xperiaの一部機種に最新版「ムービー」「Walkman」「Video Unlimited」の配信を開始
Xperia用外付けステレオマイク「Stereo Microphone STM10」が海外で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP