ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

姫川玲子シリーズに新展開!?『ストロベリーナイト』番外編がJTウェブサイトで連載開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010〜13年にかけて映像化もされた、誉田哲也の小説『ストロベリーナイト』を覚えているだろうか? 推理・警察小説で、映像化作品では主人公の警部補・姫川玲子を竹内結子が演じた。テレビドラマとしての『ストロベリーナイト』は2012年1〜3月にフジテレビ系で放送され平均視聴率=15.39%と、同クールのドラマでは『ラッキーセブン』(同=15.59%、フジテレビ系)に並ぶ人気を誇った。また、単発ドラマとしても4つの作品が制作され、2013年には姫川玲子シリーズのひとつである『インビジブルレイン』を基に映画版・ストロベリーナイトが公開。さらに、映像化だけでなく『週刊ヤングマガジン』でコミック化もされている。

そんな『ストロベリーナイト』が、あるウェブサイトで新たな展開を見せている。

もちろん、誉田哲也の原作小説も人気を集めており、オリコン調べでは約16万部の売上(2012年上半期のみの数字)、姫川玲子シリーズ全体では累計300万部を突破している。

その『ストロベリーナイト』が新展開を見せるのは、JT「ちょっと一服ひろば」というウェブサイト。そのコンテンツのひとつである『ちょっと一服ノベルズ』に、6月から、『ストロベリーナイト』番外編が連載。同コンテンツには、これまでも貴志祐介『鍵のかかった部屋』番外編や冲方丁『天地明察』番外編など、著名作家・作品のスピンオフ作品が連載された。

今回の『ストロベリーナイト』番外編は、6月6日から連載が開始しており、姫川をはじめとする登場人物たちの個性豊かな描写に期待したい。

【参照リンク】
・JT「ちょっと一服ひろば」
http://www.1puku.jp/novels/anohito/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP