ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年4月の米国スマートフォンシェア、Androidは52.5%でトップを維持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のネット調査会社 ComScoreは6月4日(現地時間)、米国の携帯電話利用者を対象に行った調査に基づく2014年4月末までの3カ月間の米国スマートフォンシェアを発表しました。この3カ月間で、米国のスマートフォンユーザー数は1億6790万人にまで増加しました。これを前回(2013年1月末までの3ヶ月間)と比較すると、5%増加したことになります。スマートフォン率は69.7%と、70%超え目前にまで上昇しました。OS別シェアでは、Androidは前回から0.8ポイント高い52.5%でトップを維持。2位のiPhoneは前回から0.2ポイント低い41.4%。3位はWindows Phone(3.3%)、4位はBlackBerry(2.5%)、5位はSyambian(0.2%)という結果でした。順位は前回の調査結果から変化無く、AndroidとWindowsはシェア増、iPhoneとBlackBerryはシェア減となりました。メーカー別シェアでは、Appleが前回から0.2ポイント低いながらも、41.4%でトップを維持。2位は上位5社中で唯一シェア増を記録したSamsung(27.7%)、3位はLG(6.5%)、4位はMotoorla(6.3%)、5位はHTC(5.3%)という結果でした。こちらもシェアの順位に変化はありません。Source : ComScore



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、国内版Xperiaの一部機種に最新版「ムービー」「Walkman」「Video Unlimited」の配信を開始
Xperia用外付けステレオマイク「Stereo Microphone STM10」が海外で発売開始
HTC純正ギャラリーアプリ「HTCギャラリー」がアップデート、UFocusのぼかし調節が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP