ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桐嶋ノドカ、〈サカエスプリング 2014〉で入場規制がかかるほどの熱いライヴを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年6月7日(土)、名古屋市内の複数会場でおこなわれた〈サカエスプリング 2014〉に、注目の女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカが出演した。会場のひとつであるParty’zでトリをつとめた彼女は、入場規制がかかるほど勢いのあるライヴを見せた。

ライヴは、マーチのようなイントロの「Wahの歌」でスタート。会場いっぱいに入った観客を見渡しながら、手を大きく広げて歌う桐嶋ノドカの表情は柔らかく、この曲で会場を一気にノドカ・ワールドに引き込んだ。

3曲目に披露した「END」は、聴くたびに迫力が増しているように感じられる楽曲だ。以前、OTOTOYのインタヴューにて、桐嶋本人が決意の歌だと語っていたこの曲は、この日も力強く、勇ましいほどの雰囲気をもっていた。

6曲目の「Good Night」は、大切な人を想って聴いてほしいナンバー。遠くにいるすごく大切な人を想って書かれた曲だという。

アンコールは、「優しい雨」。なんと桐嶋ノドカ史上、初のアンコールとのこと。キーボードと歌のみのシンプルな編成だったが、ラストにふさわしく、しっとりと歌い上げてくれた。

1ヶ月間、レコーディングのために潜伏生活を送っていたそうで、「今日久しぶりにみなさんの前で歌えるのが楽しみでしょうがなかった」と語った桐嶋ノドカ。その言葉を裏づけるるように、とても力のこもったライヴだった。

まだまだ加速しつづける桐嶋ノドカ。これからよいお知らせがあるとの噂もあるだけに、今後の活動が楽しみでしょうがない。(佐久間望)

【セットリスト】
1. Wahの歌
2. キミのいない世界
3. END
4. ボーダーライン
5. 世紀末の子ども
6. GoodNight

–アンコール–
7. 優しい雨

■桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
http://www.nodokakirishima.jp/

■大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――ドキドキ! 初インタヴュー!!
http://ototoy.jp/feature/20140416000 (前編)
http://ototoy.jp/feature/2014042300 (後編)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP