ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」 老人ホームとの違いは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「サ高住」とは、サービス付き高齢者向け住宅の略。「高齢者住まい法」で規定された、必要最低限の高齢者向けサービスが付帯した民間の賃貸住宅である。

 特別養護老人ホームの待機者が52万人に上り、特に要介護2以下の人は来年4月以降、原則的に入居しにくくなる。

 その点、サ高住の入居条件は60歳以上であることだけで、要介護度に関係なく誰でも入れる上に、要介護・要支援認定を受けていれば、60歳未満でも入居が可能だ。

 館内および部屋はバリアフリーで、部屋の広さは原則25平方メートル以上と規定されている(共有スペースに食堂や浴室などを設ける場合は18平方メートル以上となる)。

 日中は館内にケアの専門家(一般的にはヘルパー2級以上)の職員が常駐して、安否確認と生活相談のサービスを提供する。ただし、サ高住は“敷居の低い老人ホーム”ではなく、あくまで高齢者向けの賃貸住宅である。

 特養や老人ホームのように介護や食事、健康管理などのサポートはセットではなく、必要に応じて介護事業者を自分で選んで契約する形になる。

 ケアマネジャー事業所や訪問介護事業所、デイサービスなどを併設するサ高住も多いが、サービスの度合いは事業者によって差がある。

 老人ホームのような手厚い介護がない分、ある程度、自立して生活できる「要支援の人」や「要介護度の低い人」が対象になると考えた方が良い。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
特養に入れず有料ホームは高いと悩む人注目するサ高住の利点
「高齢者施設」の主な種類と概要 サ高住等5種の施設の違い
高額な一時金が不要の“サ高住” 介護度が重くなると退去も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP