ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のスイーツかき氷 ふわふわ氷は頭がキーンとはならない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の風物詩のかき氷だが、今や一年中食べられる専門店が登場して久しい。しかも、旬の野菜や果物を使ったヘルシーなオリジナルシロップを使うなど、ちょっと贅沢なスイーツに格上げされた感がある。

 かき氷の要となるのは“氷”。特に最近は天然氷を扱う店も増えている。

 東京・池袋の『しんじろう』などに氷を卸している、明治27年創業の氷室(天然氷の蔵元)松月氷室・社長の吉新昌夫さんは、

「山から湧き出る100%自然の水を、15日間以上かけてじっくり凍らせた天然氷は、ミネラルたっぷり。密度が高くて硬いので、かき氷として薄く削ってもなかなか溶けません。5月よりネット販売を始めたところ、一般からの問い合わせも増えていますよ」と語る。

 また、塩素を除去した良質の水を48時間以上かけてじっくり凍らせた“純氷”を使う店も多く、六本木『yelo』の店長・磯谷巧さんはこう語る。

「温度管理を徹底。冷凍庫から出したばかりでなく、常温でしばらく置き、表面が濡れ溶けかかった時に削るときめ細やかでふんわりした、心地よい口溶けの氷になります」

 確かに口に入れると雪のようにスッと溶けるふわふわ氷は、食べすすめても頭がキーンと痛くならないのが魅力だ。

 同様の氷を使う台湾から上陸した『マンゴーチャチャ原宿店』もきめ細かなふわふわ氷が特徴。マンゴーがたっぷり添えられているが、甘さ加減も絶妙だ。

「甘味料は加えずマンゴーそのものの甘みをいかしているので、ヘルシーかつ低カロリーです」(代表・宮下美智子さん)

『KAKIGORI CAFE&BAR yelo』
東京都港区六本木5-2-11パティオ六本木1F
営業時間:11時~翌朝4時半(LO、日曜は〜23時)無休。ミルクと特製ソースの組み合わせが特徴。ミルクゼリーなどのトッピングやソース変更&増量も。イチオシは「ティラミス」(800円)

『マンゴーチャチャ 原宿店』
東京都渋谷区神宮前4-25-35原宿メイプルスクエア2F
営業時間:10時半~22時 不定休。台湾の人気専門店。マンゴーの甘さを引き立てる有機塩プラス。3~4人で食べられる「元カレ」2850円も人気。イチオシは「モテキ SINGLE」(920円)

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【お取り寄せグルメ】濃厚な味に驚かされる宮古島産マンゴー
かき氷ブームが本格化へ 家庭向け氷削機の売り上げは3倍増
伊勢名物赤福にかき氷バージョンが! 専用の餅とあんを使用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP