ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯今大会最注目選手C・ロナウド 夜の得点王争いも独走中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厳しい予選を勝ち抜き4年に1度の宴に出場するサッカー選手たちは、もちろん体力抜群の猛者揃い。足元の技術だけではなく、下半身の暴れっぷりもワールドクラスだ。

 今大会“ナンバーワンプレーヤー”と称されるポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウド(29)。レアル・マドリードの絶対エースとして、スペイン・リーグでは31得点を叩きだして得点王を獲得した。ただし、ピッチ上だけでなく夜の得点王争いでも独走中だ。

 まだ20歳だった2005年10月には、2人のフランス人女性から「性的暴行を受けた」と訴えられた。後に女性たちのでっち上げだとわかったが、彼女たちが怒った理由は、クリスチアーノが女性たちをホテルに残したまま、別の女性と遊びに行ったからだったという。2007年10月にはチームメート数人を自宅に招き、5人の娼婦らと乱交パーティ。その様子を撮影した動画が流出し、大騒動になった。

 そんなクリスチアーノを出し抜いたのが、レアルでチームメートのスペイン代表、セルヒオ・ラモス(28)だ。2008年、当時クリスチアーノの恋人だったモデルのネレイダ・ガジャルドと性的関係を持ったことが暴露された。スペイン代表のディフェンスの要ながら“攻撃力”もハンパない。

 優勝候補の一角、フランス代表の攻撃の中心、フランク・リベリ(31)は、激しいプレーに定評がある。そんな“闘将”に2010年、「未成年買春の常連だった」とのスキャンダルが持ち上がった。幸い関係していた女性が成人していたことがわかって罪には問われなかったが、相手が本当に未成年だったら、リベリは3年間の禁固か4万5000ユーロ(約630万円)の罰金を科せられるところだった。この問題では同じくフランス代表のFW、カリム・ベンゼマ(26)も現場に居合わせていたと報じられている。

 イングランド代表FWのウェイン・ルーニー(28)も2009年、「娼婦館に入り浸りになっている」と、買春疑惑がイギリスの大衆紙に書き立てられている。スターはこうしたスキャンダルに事欠かない。

 翻って日本代表はどうか。ルーニーとマンチェスター・ユナイテッドのチームメート・香川真司(25)は今年3月、イギリスの大衆紙サンに、アダルトサイトで知り合った金髪セクシー女性と「フェイスタイム(テレビ電話)で大人の会話を楽しんだ」と報じられた。相手女性は「一度だけ脱いで、黒いブラと下着姿を見せた」と告白。さらに香川が変顔や自宅の様子、散髪シーンの動画などを送ったことなども暴露した。

 この報道に、日本代表の切り札と期待され、香川の兄貴分に当たる大久保嘉人(32)は、「バカでしょ……」と言いつつ、「(人気選手の)宿命でしょう。真司がそこまですごい選手になったということですよ。トッププレーヤーと言われる人はみんな書かれている。悪いことじゃない」とフォローするコメント。

 だが、スキャンダルとしてはいかにも小粒だ。香川が世界のトップに肩を並べるのはまだまだ先か。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
料理雑誌元編集長が「絶対頼む」というバカリャウのコロッケ
大学初の男子チアリーディング部が葛藤乗り越えひとつになる
ラグビーの日本リーグに世界の超スーパースターが集結の理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。