ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝えることの大切さにじんわり切なくなる感動動画が話題 「切ない」「泣いた」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在ネット上で公開されているひとつのショートムービーに、共感と感動の声が寄せられている。

この動画、今年創業25週年を迎えた化粧品ブランド「アテニア」が制作したもので、「伝えることの大切さ」がテーマ。
授業中にこっそり書いた友達への手紙、恋の相手を想って夜中に綴ったラブレター、友達への誕生日おめでとうのカード――。子供の時から誰かに想いを伝えようとしてもなかなか伝えることができず、いつしか伝えることを諦めてしまったひとりの女性を主人公に、彼女が最後に筆をとった想いが思わぬかたちで伝わり、叶うまでを描いている。

動画を見たネットユーザーの中にも似たような経験をした人は少なくなかった模様。

「本当の思いって伝えにくいんだよね」
「きゅーっと切なくなった・・・。でも繰り返し見たくなる。不思議。」
「本気で泣いてしまったw」
「切ない…メールが届かないのと一緒だな」
「手紙、久しぶりに書きたくなった。」
「心をこめた手紙は人の心を打つものだと改めて実感しました。」

など「感動した」「泣いた」の声が多数寄せられている。

【動画】http://youtu.be/vxDq_PFVyk8

アテニアは、全国の20~60代の女性600人を対象に行った「”想い”と”言葉”に関する調査」の結果も発表している。これによると、なんと、自分の想いを相手に伝えられていると考える人はわずか2.7%、さらに自分の頭に浮かんだ思いの内、相手に伝わっているのはわずか18.6%という低い数値結果に。動画の少女のように、空気を読みすぎて、タイミングや伝え方がわからなくなってしまう、という人も少なくなさそうだ。

逆に、「想いを口にせず飲み込んだ経験がある」人は93.2%、さらに内63.1%がそのことを後悔しており、特に友人関係においての後悔が最も多いとのこと。
ちなみに伝えられなくて後悔した想いは、「相手に対する希望、要望」が1位となっている。

「想いはきっと伝わる」というブランドからのメッセージを日本の女性たちに伝えるために、この動画を作ったというアテニア。相手と理解しあうためにも、そして自分が後悔しないためにも、伝えることを諦めずに日々過ごしたいものだ。

【参照リンク】
・ アテニアオンライン
http://www.attenir.co.jp/movie/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP