ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明治天皇玄孫の竹田恒泰氏、皇族には『逝去』ではなく『薨去』と紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が、皇族がお亡くなりになった場合に使う『薨去』(こうきょ)という言葉について、Twitterを通じ紹介している。

 竹田氏の説明によると、皇族がお亡くなりになったことを『薨去』といい、6月8日にお亡くなりになった桂宮殿下の報道では、主要メディアでは産経新聞のみが使い、他社は『ご逝去』『逝去』、ひどいものでは『死去』を使っていたと指摘。そして、「使用頻度は低いが重要な言葉を使って、日本語を遺すことに積極的になるべきだ。」と意見している。
調べてみたところ、同報道について『薨去』を使用したのは、確かに主要メディアの中では産経新聞だけのよう。

【関連:千家国麿さんFacebookでネット用語の『w』使ってると話題】


 また、天皇、皇后、太皇太后、皇太后がお亡くなりになることを『崩御』(ほうぎょ)、その他の皇族がお亡くなりになることを『薨去』と説明し、今回多くのメディアが、『薨去』を使用しなかった理由について、『昭和22年に宮内庁と報道機関との間で、皇室への敬語について「普通の言葉の範囲で最上級の敬語を使う」という了解が成立したから』とも紹介している。



 竹田氏が指摘した『薨去』という言葉は、普段使うことのない特殊な敬語。そのため、言葉を知らない人が多いという事情から、各社は一般に知られる言葉を使い報道しているようだ。
しかし竹田氏のTwitterには「こういう言葉はきちんと残していきたいですね。」「マスコミが正しい言葉を伝えないで誰が伝えるのか」といった、竹田氏の意見に賛同する声が寄せられており、使う機会が少ないからこそ、正しく使い伝えて欲しいと望む人が多いよう。

参考:
竹田恒泰氏(Twitter:@takenoma)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP