ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本代表について釜本邦茂氏「予選リーグ敗退の可能性高い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“史上最強”の呼び声高く、4年前から本田圭佑がいっている「優勝」を、本気で期待するファンも多い。読売新聞が5月28日付で、「4強 夢じゃない」との見出しをぶち上げれば、毎日新聞も5月13日付で蹴鞠の伝統とサッカーを重ね合わせ、〈ここは過去最高のベスト8以上に入って秋津島(日本の古名)に帰るという離れわざを期待しよう〉と書き、いずれも予選突破は当然と言わんばかり。テレビのスポーツ番組などでも、楽々突破できるかのような物言いばかりだ。

 果たして本当にそうなのか。ジャーナリストの谷口源太郎氏は、メディアの浮かれ気分にこう活を入れる。

「スポーツ報道の現場ではナルシズムが浸透しきっている。メディア、特にテレビはそれで視聴率が稼げるので、徹底して自己愛主義を情緒的に煽っている。だから、相手チームのことをしっかり報じようとしない。現実を見れば、予選突破は厳しいと思いますよ」

 では、海外から日本代表はどう見られているのか。米投資銀行のゴールドマンサックスが発表した「ワールドカップ&エコノミクス2014」という報告書のなかで、日本が優勝できる可能性は0.0%と分析している。つまり1%も望みがないということ。

 それだけではない。決勝トーナメントに残れる確率も33.8%に過ぎず、ギリシャ60.6%、コロンビア59.7%、コートジボワール45.9%と比較して、圧倒的な最下位予想なのだ。ちなみに、前回の2010年の同報告書では、日本の決勝トーナメント進出の確率を44.4%としていたので、前回よりも下がっているのである。

 メキシコ五輪の得点王で、日本サッカー協会の元副会長の釜本邦茂氏はこういう。

「私は悲観論者ではないが、予選リーグ敗退の可能性は高い。テレビの解説者は楽々突破とかいっているが、どこから勝ち点5を取るのか教えてほしい。W杯はそんなに簡単なものじゃない」

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
皇太子ご成婚で白黒TV1000万台売り受信契約者200万人突破
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
TVの言葉が「語り」から「喋り」に移った理由を解説した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP