ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛穴レスな透明肌になれる「葛粉メイク」に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


蒸し暑い日も運動しても、バーベキューでも、化粧くずれと無縁の、生まれながらの美肌っぽくありたい!
この時期、日焼け止めのガッツリ厚塗りは欠かせません。でも、日焼け止め厚塗り行為がファンデやパウダー類のヨレや浮き・毛穴落ちをまねいてガッカリ・・・。
そんなときにつかえるお粉が、くず餅でおなじみ「葛粉」なんです。
ベースメイクにつかえるさまざまな粉モノ
植物(主に穀物)の粉をミネラルファンデのプライマーやフェイスパウダーにつかうとイイ! と話題です。
このようなメイクをBBM(Botanical Base Make)といい、例えばコーンスターチ・シルクパウダー・葛粉・上新粉などがあります。この4つを試した私のオススメが、葛粉。
うっすら葛粉でキレイ肌

食用の葛粉はミルサーで粉砕。30秒ほどしつこくミルサーをかけ続けると使用感がアップします。ブラシにつける量は画像のようにうっすら少量で。
ベビーパウダーでのメイクと要領は同じです。ネット通販では化粧品グレードの葛粉もありますよ。

この画像は、薄づきUV下地を厚塗り→練りチーク→葛粉をつけています。下地&葛粉だけでも案外毛穴をごまかせるもの。
パウダリーファンデは、葛粉のあとに重ねれば格段にヨレにくくなります。
葛粉の魅力
・白くなりにくく、粉っぽくなりにくいので素肌感を残せる
・表面サラサラなのに、肌の水分を奪うような乾燥感を感じにくい
時間とともに汗や皮脂が出ても、葛粉メイクなら「毛穴落ちや粉浮きリスクがない」「塗り感が出ない」という点で、長期戦・接近戦に強いメイクといえます。
葛粉でシミや色むらは隠せませんが、私のようにキメの粗さやテカリ、頬の凸凹をごまかしたい人に向いています。
BBM上級者は、肌質や天候に合わせて複数の粉をブレンドするよう。この夏、ガッツリ塗っても何もつけていない(ように見える)軽さと透明感を目指したいですね。
makeup-brushes image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
外出先でもできる。ボサボサ髪をツルンと直す簡単テク
クレンジング後の3秒ルール! 彼との接近戦にそなえたイチゴ鼻ケア
優秀まつ毛メイクグッズで、完璧カワイイ目元のできあがり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP