ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「music.jp」運営企業 リアル・アフィリエイトで会員数拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年上半期はボックス圏での値動きが続いた日本株だが、今後注目すべき銘柄はどこにあるのか。フィスコ取締役・中村孝也氏が、銘柄選びのポイントとともに、10万円で買える注目株をピックアップした。

 * * *
 円安の恩恵で増益変化率の高かった業種・銘柄は、円安傾向が小休止する中、今後は厳しくなるかもしれない。全体相場も上値追いの展開は考えにくく、大型株の反発は来年になりそうだ。

 ただし、全体相場の下値リスクは低いので、中小型株の中に大きく株価が跳ね上がる銘柄も出てくるだろう。特に注目は、やはり内需関連の中小型株。中でも、フィーチャーフォン向けのサービスからシフト転換し、スマホ向けの比重を高めているような業態は面白い。

 そうした観点から、私が「上がる株」として注目しているのが、「music.jp」や「ルナルナ」などの携帯電話向けサイトを運営するエムティーアイ(ジャスダック・9438)だ。

 同社は、全国の携帯ショップで自社・他社コンテンツの販売促進を行なう成果報酬型のリアル・アフィリエイト事業も展開している。その販売チャンネル網を活かし、スマホ有料会員数の拡大に注力。2014年3月末の同会員数は533万人(2013年9月末比57万人増)まで増加した。

 それが寄与し、2014年9月期の第2四半期決算では、前年同期は減益だった経常利益が13億1000万円の増益で着地。さらに、第2四半期決算発表とともに通期業績予想を売上高は315億円(前期比4.4%増)、経常利益は17億5000万円(同56.3%増)、営業利益も18億円(同56.6%)に引き上げている。

 とはいえ、経常利益、営業利益とも、第2四半期までの進捗率はすでに7割を超えており、今期中のさらなる上方修正の可能性は高いのではないか。株価もまずは2013年11月の直近高値1000円まで戻す展開が期待される。

※マネーポスト2014年夏号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パチンコ向けLSI開発会社の株価に大幅リバウンド期待高まる
瀬戸大也所属の水泳クラブ運営会社 五輪銘柄として物色対象
スマホ経由で保険申込可能なネット保険会社に株価上昇期待も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP