ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅を改装した美空ひばり記念館 空間を体感しファンも興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・目黒の高級住宅街にそびえ立つ174坪、鉄筋3階建ての豪邸。昭和の大スター・美空ひばりさん(1989年逝去、享年52)の自宅の一部が、ついに「美空ひばり記念館」としてオープンした(5月28日)。

「この記念館のコンセプトは“当時と何も変えていない”ということです。この家に来ていただき、母が愛した空間を体感し、それぞれの思い出にふけって喜んでいただく。それが母のいちばんの夢だったと思います」

 美空ひばりさんの長男で、同館館長を務める和也さんはこう話す。昨年5月に京都・嵐山にあった「美空ひばり座」を閉館してからちょうど1年。今回新たに記念館としてオープンしたのは、ひばりさんが年に引っ越し、年の建て替えを経て、年に亡くなるまでを過ごした思い出の自宅であった。

「母は寂しがり屋でしたから、昔は庭に焼き鳥や寿司などの屋台を出して、ホームパーティーをしていたんですよ。門を開けっ放しにして、家族やスタッフだけじゃなく、近所の人も一緒になって飲み騒いで(笑い)。そんなおもてなしをするのが大好きな人でしたので、こうしてみなさんをお招きできて、いちばん喜んでいるのは母だと思うんです」(和也さん)

 際に訪れた人々は、「会いに来たよ!」「まるでひばりさんがいるみたい」と興奮気味。自宅がファンの喜びであふれていく様子を、ひばりさんも天国から見守っているに違いない。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高級住宅街にある美空ひばり自宅を記念館として来春公開予定
林与一 歌姫・美空ひばりにお客さんが喜ぶ男の演技を学んだ
島倉千代子さんが遺した言葉「私はいい人達に恵まれました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。