ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

節電で家中の窓にすだれ設置家族「部屋が一気に暗くなった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、建設会社勤務のご主人(41歳)。奥様(38歳)が、窓にすだれを付け始めた件についてです。

 * * *
「カーテンは帯びた熱を室内に発するけど、すだれやよしずは室外に設置するから余計な熱が入らないし、断熱効果が高まり、節電になるのよ」

 妻がいうには、カーテンは網戸を塞いだりして換気を妨げるが、すだれは風通しが抜群とのこと。「目隠し効果もあるのよ。レースのカーテンに比べ、中からは外がよく見えるのに、外からはほとんど見えないんだから」。なるほど! 暑がりですぐ上半身裸になる僕にはピッタリです。

 僕の好反応に気を良くした妻は、家じゅうの窓をすだれだらけに改造。その結果、日中は外の光が差し込んで電気をつけなくても明るかった家の中が、一気に暗くなってしまいました。そのせいか、妻がやけに厚化粧に……。今ではその厚化粧が基本になってしまい、先日妻がスッピンで近所を歩いてたら、誰にも気づかれなかったそうです。

 僕が「もうアラフォーなんだから、そのすだれのような付けまつ毛を取った方がいいよ」というと、「41歳にして、すだれ頭のアナタにいわれたくないわ」。……夫婦間の風通しがすっかり悪くなった我が家です。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
暖房効率をUPさせるカーテンテク 厚手とレースの二重掛けに
南京玉すだれの起源 中国ではなく富山県の五箇山の方だった
熱愛中の葉山エレーヌアナ 部屋に重厚な遮光カーテンかけた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP