ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

担当者必見!PRの効果を見える化できる解析ツール「Trendkite」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Trendkite突然だが、あなたの会社の情報をメディアに取り上げてもらった際や、社長インタビューなどの取材を受けた際には、結局それがどのくらいの影響があったのか、“その効果”が非常に気になるのではないか?

特にスタートアップの経営者だったり、企業で広報を担当する人であればなおさら気になるだろう。

そんな自社のPR記事の効果を、簡単に見える化できるツールが、今注目を集めている。そのサービスは「Trendkite」というサービスで、自社に関するニュースの影響力を、ダッシュボード上で簡単に計測、ビジュアル化してくれるという特徴をもつ。

具体的には、Web上の記事やソーシャルメディアの情報などの影響力を把握することができ、地域ごとのデータ、ユーザーのクチコミ、最も効果のあった記事やメディアの解析や競合との比較など、細かいデータ分析が可能だ。

加えてただ分析をするだけでなく、そのデータをわかりやすくレポート化してくれる機能や、自社に関連のあるニュースのダイジェスト版をメールで送ってくれる機能などを備えており、特に広報担当者から注目を集めている。

先日追加の資金調達を実施し、今後さらなる成長が期待されているだけに、自社のPRの効果測定に悩んでいる方は一度チェックしてみてはいかがだろうか?
Trendkite

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。