ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近のお中元 夫婦の実家への季節の挨拶という認識に変化中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供同士のトラブル解決や目上の人、お世話になった人へのお礼の贈答、うれしいサービスを受けたときの心づけなど、マナー本には出ていない、“気持ち”を伝えるための金額は? 40代主婦3人(岸田さん、宮岡さん、コッシーオさん)と現代礼法研究所岸田輝美さんが語り合った。

岸田:そろそろお中元の時期ですが、みなさん贈ってる?

宮岡:お中元としては贈らないけれど、夏休みの帰省のときには、各実家に必ず2000円くらいのお土産を持っていきます。

岸田:最近のお中元は、夫婦の実家への季節のあいさつという認識に変わってきたよう。でも形式にこだわらず、たとえば旅先の特産品などを贈れば、1000円くらいのものでも価値がありますよ。

宮岡:旅館の仲居さんに心づけを渡す習慣も、なくなりましたね。

岸田:仲居さんの働き分は、サービス料に含まれますから不要。渡さなくても失礼ではありません。

コッシーオ:でも子供がすごく騒いだりしても、やさしくお世話してくれたときなどは、お礼を形にしたいな、と思います。

岸田:もちろん、それならぜひ渡して!

コッシーオ:いくらくらいがよいのですか?

岸田:“気持ち”ですから相場はありません。でも宿泊料金を払った上のことと考えれば、1000円くらいが妥当。

「お世話になります」と、部屋に通されたときに渡すのが昔ながらですが、宿泊中に受けたサービスに対しての感謝なら、宿を発つ日の朝に仲居さんに直接、渡すのがよいでしょう。

 私なら気軽な感謝を伝えるなら、500円のコインを渡します。

宮岡:お札じゃなくて、コインでもいいんですか?

岸田:『ゴメンネ』クッキー(ちょっとしたお詫びの時に渡すクッキー)と同じ気持ちよ(笑い)。そういえば、私が引っ越しをしたとき、スタッフが十数人来て、暑いなか、がんばってくれたので、リーダーに「みんなでジュースを飲んで」と2000円包んで渡しました。これからの時代、こんな気軽なやりとりも、ありだと思います。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
28歳OL 温泉旅館仲居の「オトコどうしましょうか」に焦る
家庭教師が縁で結婚男 14歳年上妻から「先生」と呼ばれる
温泉地の大旅館 「仕事終えた芸者は男風呂に入る」説の真偽

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。