ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国立競技場で初の単独コンサート行ったSMAP 交渉は3年越し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2020年の東京五輪に向けた改修工事が行われるため、5月31日、最後のセレモニーが行われ、56年の歴史に幕が下ろされた国立競技場(東京・新宿区)。サッカーやラグビーの聖地として知られるが、アイドルやミュージシャンにとっても夢のステージだった。

 これまでに、国立で単独コンサートを行ったアーティストは全部で6組しかいない。

 2005年に初めて単独公演を行ったのがSMAPだった。国立は天然芝の保護などの問題から、開催に向けての審査が厳しいと有名で、国民的人気を誇るSMAPでも、3年越しの交渉の末、やっと実現した。

 ライブ後、中居正広(41才)は、こう語っている。  「ステージから見た光景が忘れられない」

 2008年から6年連続でステージに立ち、これまでに最多15回の公演を行っているのは嵐だ。

 初の開催となった2008年には、リハーサル中にメンバーが競技場内の写真を撮りまくっていたという。

 メンバーの櫻井翔(32才)は、本誌の取材に、「“今年が最初で最後、来年はできないだろう”という気持ちがあったので、この瞬間を残そうと写真を撮っていました」と、そのときの様子を明かした。

 同年のライブで災難に見舞われたのは、二宮和也(30才)と相葉雅紀(31才)。

『Lucky Man』という曲の最中に、バク宙を決めようとした二宮が、「回りすぎて」失敗し頭を強打した。その後、「東山さん(紀之、47才)が見に来ているから、“成長したところを見てください”という思いだったのに、回りすぎた」と苦しい言い訳をした。

 相葉は、同曲の間奏で披露したダンスでハプニングが。片手を地面について、逆立ちのような体勢で大きく足を開いたときに、パンツのおしりが「ズバッ!」と裂けてしまった。その後は、「膝をくっつけて、おしりが破けているのがばれないように踊った」というが、「おしりがパッカパカで恥ずかしかった」と顔を赤らめた。

 ちなみに、翌日の公演では、パンツには当て布がされ、さらに腰に白いスカーフのようなものが巻かれていた。

 2009年のライブ終わりの挨拶で、感極まって涙を流したのはリーダー・大野智(33才)だ。結成から10年ということもあり、淡々と話し始めたが、途中で声を詰まらせ、口では「泣かないよ…」と言いながらも、大粒の涙を流していた。

「大野くんは、デビュー当時、10年も嵐の活動が続けられると思っていなかったんです。もっと早い段階で解散して、自分も事務所を辞めるつもりだった。だから、10年という節目の年を国立のステージの上で迎えられたことが、すごく嬉しかったんだと思います。普段あまり泣くことのない大野くんの涙に、会場中のファンがもらい泣きしていました」(観覧したファン)

 2012年のライブで最も注目を集めたのが松本潤(30才)の上半身裸でのセクシーダンスだ。

「同じ裸でも、雑誌のグラビア写真とは全く違うんです。ライブで激しく踊って、たくさん汗をかいた松潤の肉体は、なんとも生っぽくていやらしさも倍増でしたよ」(前出・ファン)

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「最後の国立ライブ」争い、嵐ファン憤慨「国立は嵐の聖地」
国立競技場LIVE 3大テノール、SMAP、ラルク、ドリカム、嵐等
櫻井翔 嵐国立ライブ振り返る「毎年もう2度とないだろうと」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP