ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Lava、iPhone 5系デザインを採用した5インチスマートフォン「Xolo Q1200」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドのスマートフォンメーカー Lava MobileがiPhone 5系に似たデザインの5インチスマートフォン「Xolo Q1200」を発表しました。Q1200は普及型Qシリーズの最新モデルで、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイ(ゴリラガラス3搭載)、MediaTek Mt6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載した3Gスマートフォン。Q1200は現地で13,999ルピー(約24,600円)の価格で販売されるミッドレンジクラスの機種なのですが、iPhone 5系を連想させるツートンカラーの筐体デザイン、背面のステレオスピーカー、手を振るだけでロック画面を解除できたりする「Gesture Control」機能、ロック画面上にアルファベットを描くことでアプリを起動できる「Cold Screen Access」機能、音声で着信に応答できる「Voic Recognition」機能を搭載するなど、この価格帯のスマートフォンの中では機能は充実しています。メモリは1GB RAM / 8G ROM、Micro SDカードスロットを搭載。カメラは背面にフルHD動画の撮影も可能な800万画素のExmor R(デュアルLEDフラッシュ付き)と前面に200万画素を搭載。バッテリー容量は2,000mAhです。ワイヤレス通信機能はWi-FI b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+に対応しています。筐体サイズは144.8 x 71.4 x 6.85mm。Q1200はインドで6月10日に発売されます。発売時はAndroid 4.2を搭載していますが、Android 4.4へのアップデートも予定されています。Source : Xolo



(juggly.cn)記事関連リンク
Moto 360が米NBCの深夜番組に登場
CyanogenMod 11 M7ビルドがリリース、Android 4.4.3にバージョンアップ、テーマエンジンも刷新
Android版Flickr v3.1がリリース、アルバムの共有やタグの変更など様々な新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。