ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠している人専用のSNS「Preggie」で同じステージの人と情報交換

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近はSNSといっても、趣味や属性で細分化された、特定の層を対象にしたものがどんどん登場してきており、多岐に渡っている。

「Preggie」というSNSも、女性、それも妊娠している女性に特化したかなりニッチなSNSで、今注目を集めているサービスだ。

基本的な機能や仕組みとしては、写真やテキストをアップロードできたり、それに対してコメントやLikeなどを用いてコミュニケーションをとることができる。また、気になるユーザーをフォローできるといったような形で、よくあるSNSと同様である。

ただ、そういった他のサービスとは違った、「Preggie」ならではの特徴として、プロフィール入力時に“自分の妊娠のステージ”を入力するという点があげられる。

これを入力することにより、妊娠初期や、赤ちゃんがかなり大きくなっている時期など、自分と同じステージのユーザーと繋がれるのだ。

それによって、妊娠している女性だけが使うので例えばFacebookやTwitterなどの場所にあげづらい内容の投稿をしやすくなるだけでなく、より具体的な質問を自分と同じ状況にあるユーザーにすることができる。

ニーズがある一方で、ターゲットユーザーがかなり絞られていることもあり今後の展開が非常に気になるサービスである。
Preggie

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP