ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なぜか好かれる毒舌」の習得法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

坂上忍に有吉弘行、マツコ・デラックスなど、毒舌キャラの活躍が目立つ昨今。この“毒舌キャラ”をうまく取り入れて、どうにかビジネスにも応用できないだろうか。元文化放送アナウンサーで、『毒舌の会話術』などの著書を持つ梶原しげるさんは、「毒舌とは皆が思っている本音をズバリと言うこと。だからこそ、印象にも残る。うまく使えば、中身のある濃いコミュニケーション手段になります」と語る。そのうえで会社員が毒舌を使うためのキモを教えてもらった。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「同期や後輩に向けた毒舌なら、“見せかけのマイナス表現”といった手法があります。これは、あえて乱暴な言葉をまぶすことで敬意を見せるというやりかたです」

例えば、「鉄道が好きで海外まで乗りに行った」という話に「バカだね~」と答える。乱暴な言葉でも、言い方や状況によっては、熱意に対する評価や敬意にもとれるわけだ。

「会議や打ち合わせでの毒舌で大事なのは“柱”。マツコ・デラックスさんが視聴者目線という柱を持っているように、必ずお客様目線で発言する、など独自の柱を持つべきでしょう。そして、会議の出席者が誰であれ、発言がブレないことが大事。それを続けて、あいつは毒舌だから、と認知されれば、さらに毒舌を吐きやすくなります」

最後に、上司に好かれるような毒舌の使い方を聞いてみたところ…。

「あえて“けなす”。ただし、けなした後は必ず上げることが大事。ホメる前振りとしてけなす行為を利用するんです。けなす内容は、相手が“俺のことをよく見てるな”と思うような細かい部分に注目。よく見ていることで、敬意を伝えることにもなるんです」

毒舌に必要なのは、秀逸な観察眼。言われてみれば共感できる内容で、一方的に誰かを非難や攻撃するものであってはいけないのだとか。これらの点に気をつけて、あなたも毒舌キャラを目指してみる?
(笹林 司)
(R25編集部)

「なぜか好かれる毒舌」の習得法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
上司のミス「指摘経験なし」は7割
ビジネスに必須「根回し」のやり方
「上司に仕返し」体操が話題
有吉の旅行写真「心温まる」と好評
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。