ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西武球団・坂井保之元社長 巨人と展開した郭泰源争奪戦秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今ひとつ調子の上がらぬ巨人は4月なかば、「キューバの至宝」と呼ばれたセペダを獲得したが、かつて大変な争奪戦が繰り広げられたのが「オリエント・エクスプレス」と呼ばれた台湾の至宝・郭泰源。スポーツライターの永谷脩氏が、当時の争奪戦のエピソードを綴る

 * * *
 鎌倉の奥座敷に『琴』という小粋な小料理屋がある。私と坂井保之は、会うと必ずここで一杯飲み交わすのが常だ。坂井はかつて3球団の球団代表を務めた経験を持つ、プロ野球経営のエキスパート。今でこそ親しくさせてもらっているが、初めて会った時は大変だった。

 約40年前、私は少年誌で「12球団こども会総めくり」という企画をやることになった。しかし広島と太平洋クラブ(現・西武)以外は相手にしてくれず、話を聞いてくれることになって訪ねた太平洋の球団事務所でも、約束の時間になっても誰も出てこない。たまらず大声を出したら、裏から坂井が飛び出してきた。

 太平洋は慢性的に資金繰りに苦労していた球団で、正直「こども会」どころではなかったはずだ。しかし坂井はこう言った。

「活きのいい兄ちゃん。それだけ言うなら何かいいアイデアがあるんだろう。言ってごらん」

 当時は少年野球マンガ全盛だったので、『一球さん』(水島新司)の使っていた帽子を、実際の試合で被るのはどうでしょうかね、と言うと、「そりゃグッドアイデアだ」と手を叩いて喜んでいたのを覚えている。坂井に褒められるのは嬉しかった。

 この一件の後、坂井とは何でも話せる関係になった。実はこの頃、私は江川卓を追っており、ライオンズとは微妙な関係だったが、坂井は違った。ある記者が、「なぜ永谷だけ許すのか」と聞いた時、坂井が「彼の行動はお前らとは違う」と言ってくれたのも、また嬉しかった。

 だが命をかけた仕事となると、事情は別だった。球団の親会社が西武に変わり、坂井はそのまま球団代表に就任。その後、西武は1984年のロス五輪に出場した郭泰源にいち早く目をつけ、巨人との熾烈な獲得合戦に突入する。台湾のエースを巡る情報戦では、坂井は本音を喋ろうとはしなかった。ただ1つ、内緒で教えてくれたのは、台湾チームよりも1日早く所用で台北に帰る、泰源の兄が乗る飛行機の時刻だった。

 坂井たちは五輪後に台湾に渡り、郭兄弟の説得に当たった。後に坂井から聞いたところによると、この時点で巨人はすでに、泰源に白紙の小切手を2枚渡していたという。先に目をつけていた選手を“横取り”されては敵わない。

 坂井らは急ぎ契約を結んで入団発表を実施、会見の前にその小切手を破らせた。会見を急いだのは、「巨人・王貞治監督が訪台する」という情報をキャッチしていたからだ。台湾でも英雄視される王監督が来て、泰源に接触すれば、何が起きるかわからないという思いがあっての決定だった。

 一連の獲得合戦は、私も現地で取材していたが、私のような野良犬ごときには敵う世界ではないと思った。その時の苦しさは今でも忘れられない。坂井は発表後しばらく姿を消し、どこに隠れたか、決して口を開かなかった。

 この時の取材中、郭泰源の姉に聞いた話が印象的だった。

「台湾人は貧しいから誰でもお金がほしい。泰源もそれを考えてくれればいいのに。でも最初に井戸を掘ってくれた人のことを忘れないのが台湾人だから」

 坂井はダイエーの球団代表を辞めた後、しばらく鎌倉市観光協会の専務理事を務めた。ゴルフが趣味で、「鎌パブ(鎌倉パブリックゴルフ場)の鬼」といわれる赤チタンドライバーの名手。とにかく負けず嫌いで、今でも私に飛距離を10cmでも超されると大騒ぎする。80歳を越えても、無邪気なものである。

 統一球問題、コミッショナー問題など、最近の球界は細かなことばかりが騒がれるが、坂井のような人物がいれば、球界はもっと面白くなるような気がしてならない。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中日のデイリースポーツへの抗議 親会社による無言の圧力説
元鉄人・坂井宏行『アイアンシェフ』挑戦者としての出演に意欲
中日 球団社長ガッツポーズ報道でデイリー抗議し東スポ放置

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP