体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〈夏の魔物〉第7弾で初代ライダー・藤岡弘出演決定

〈夏の魔物〉第7弾で初代ライダー・藤岡弘出演決定

〈AOMORI ROCK FESTIVAL ’14~夏の魔物~〉の第7弾出演アーティストが6月7日(土)新宿MARZで行われたプレイベント『DPGハウスショー6』で発表され、俳優・藤岡弘の出演が決定した。

今回の発表ではなんと俳優にして武道家、初代仮面ライダーである藤岡弘がロックフェス初出演することが決定。「若者に直接メッセージを届けたい」との藤岡氏の想いから特別出演が実現した。果たして大内ライダーとの競演は実現するのか、というか色々大丈夫なのか!?

さらに追加ライヴ・アクトとして、ドレスコーズ、髭(HiGE)、この日のイベントに出演していた“妄キャリ”こと妄想キャリブレーションに加え、カンパニー松尾氏が監督し昨年大きな話題を呼んだ映画『テレクラキャノンボール2013』がオープン後の早朝から爆音上映されることも決定、朝からバッテリーはビンビンだ。そして、BRAHMAN、でんぱ組.incに続くロック・アイドル・プロレスというヘッドライナー三本柱最後の一つとして、DPGの福田洋、アントーニオ本多組が葛西純、“黒天使”沼澤邪鬼とタッグマッチで対戦されることが発表された。

本日のイベントではまたしても事件が勃発。「ロックフェスは、アーティストが音楽のみで勝負する場にすべき」との批判に呼応したDPGのオリジナル・メンバーであるステファニー・アユミが本隊を離脱。対抗勢力であるブラックDPGとその大幹部であり、かねてから恋心を抱いている天野ジョージ擁する撃鉄サイドに合流。6月25日(水)に開催されるDPGのビッグマッチ〈DPG3〉に決着が持ち越されることとなった。

また、6月25日(水)に発売されるシングル『スーパーエンタメ大戦 夏の魔物エンタメユニットDPG VS ブラックDPG』(OTOTOYからも配信予定)の3パターンあるジャケットのうち、数々のスーパーロボット大戦のオリジナルキャラデザイナーとして有名な河野さち子による『VS盤』と、イラストレーターの岸田メルによる『ブラックDPG盤』のジャケット・イラストも公開された。

いよいよ来月に開催が迫る〈夏の魔物〉。強力なラインナップにとどめを刺すさらなるサプライズが待ち受けているのか!? 引き続きDPG&ブラックDPGの動向に注目しよう。(岡本貴之)
第弐拾壱話・キカイノココロ〜破〜打ち抜け!キカイノカラダ!編

http://youtu.be/XrGlvYlJ9ec

夏の魔物テーマソング「スーパーエンタメ大戦」
夏の魔物エンタメユニットDPG VS ブラックDPG
1.キカイノココロ
作詞.只野菜摘 作曲.浅野尚志 Gt.ROLLY
2.ダダダダダン
作詞.只野菜摘 作曲.小池雅也
3.キカイノココロ(FUNKOT魔改造 BY DJ JET BARON)
Remix.高野政所
6月25日(水)発売 税込1,080円(DPG盤、VS盤、ブラックDPG盤)

・〈夏の魔物〉オフィシャル・ウェブサイト
http://natsunomamono.com/index.html#top
・DPG、ブラックDPGの音源はOTOTOYにて絶賛配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/ ARTIST/DPG/cd/87765

夏の魔物テーマソング『スーパーエンタメ大戦』
6月25日発売 税込1,080円
※OTOTOYからも配信予定
1.キカイノココロ
作詞.只野菜摘 作曲.浅野尚志 Gt.ROLLY
2.ダダダダダン
作詞.只野菜摘 作曲.小池雅也
3.キカイノココロ(FUNKOT魔改造 BY DJ JET BARON)
Remix.高野政所

〈夏の魔物presents DPG3〉
2014年6月25日(水)新宿FACE
開場18時 開演19時
撃鉄 / BELLRING少女ハート / Ladybeard / ムーの太陽(ザ・グレート・サスケ+バラモン兄弟) / DPG VS ブラックDPG
各12席限定 本隊VIP席、ブラックDPG VIP席 13000円
ミート&グリート~秘密のパーティ招待状~ (後日行われるシークレットパーティ、チェキ付無料参加券)
各軍限定Tシャツ付
24席限定 写真席6000円
オールスタンディング 3000円

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。