ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事で悩んだときに『星の王子さま』が教えてくれたこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ありがとうございました!」
水色のワンピースを買ってくれたお客さんを見送って、佐々木さん(25歳/アパレル販売員)は店内に戻ると、バイトの子は課題の締め切りがあるからと早々に帰っていった。
佐々木さんは地元、千葉の短大を出てから、数年フリーターをしたあと、表参道のセレクトショップで働いている。洋服が大好きで、おしゃべりが得意な佐々木さんの性格は、接客業に合っていたようで、なんとなく働き続けている。
そういえば短大時代、ファッション誌をチェックして、この辺りのお店をよくまわったものだ。あのころは街全体がきらきらまぶしくみえたが、表参道に勤めるようになり、いつの間にかすっかり日常の景色になった。
お店には売り上げ成績が一目でわかる表が貼ってある。キーボードの音を店内に響かせながら、今日の集計を急いで終えて、時計を見上げると8時半。外はしとしとと雨が降りだしている。
「今日はこれを履いてくるんじゃなかったな」。
おろしたての靴を見ながら佐々木さんはボソッとつぶやくと、お店の鍵を閉めて、人ごみのなかへとまぎれていく。
表参道の町は、街灯が雨にじんできれいだ。街行く人の足元は、水玉模様のレインブーツ、リボンのついた防水パンプス、ビビッドな色のスニーカー…。この街は、雨の日でも心躍る色に満ちている。
やや急ぎ足で交差点近くのネイルサロンに駆け込むと、21時閉店ということもあり、店内にほかの客はいない。
すっかり常連の佐々木さんは、橋本さんというショートヘアの店員さんに、はげかけたネイルをきれいにとってもらう。真っ白い空間にいると、忙しかった1日が記憶の彼方に薄れていくようだ。
昨日、学生時代からの友人が夢だった業界への転職が決まり、ワインを手土産にささやかなお祝いに家を訪れた。期待でいっぱいの友人の笑顔を見ながら、佐々木さんは部屋の片隅にある本棚から『星の王子さま』を何気なく引き抜く。パッとページを開くと、ある言葉が目に飛び込んできた。

「星は美しい、それは目にみえない一輪の花があるから」

ひとりひとりが目立たなくても、かけがえのないものを持っていて、星のようにキラキラ輝いている――。そんなメッセージに思えて、佐々木さんは「もう少しいまの職場で頑張ってみようかな」と思った。
そうだ、ネイルに星をいれてもらおう。 佐々木さんは、大きめの星のついたデザインを、橋本さんにお願いした。



(グリッティ)記事関連リンク
1日10食限定の「フレンチトースト」

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP