ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和歌山・加太の淡嶋神社 境内に並ぶ人形・人形・人形!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和歌山市北部の加太にある「淡嶋神社」は、境内にズラリと並ぶ人形で有名なスポット。その人形の数は、実際に現地に行ってみると驚くほど多いのに誰もが最初は圧倒され、しかも境内にはなんとも異様な雰囲気が漂っている。
この淡嶋神社は以前から人形供養の神社として知られ、全国からさまざまな人形がこの神社に持ち込まれ、供養されている。日本人形、招き猫、クマやタヌキの置物、だるま、ぬいぐるみなど、しかもちゃんと種類別に、整然と並べられている(一部、まだ整理できていない人形たちも目撃したが)
初めて神社を訪れると「人形たくさん! すごーい!」と思うかもしれないが、冷静に人形を見ていると、こちらをじっと見つめられている気分になったら不気味というか、霊感の強い人だときっとなにかを感じるはず。
そう、パワースポットにたとえると、恋愛や金運などほのぼの系でなく、無表情の人形にこめられた“さびしさ”のようなものを。ちなみに、夜間は神社の境内は開放されていないのでご安心を(?)
さらに、淡嶋神社には「髪の毛が伸びる人形」があることでも知られていて、この神社の公式サイトにも記載されている。残念ながら、この人形は一般公開されていないが、「人形は注目を集めるため奇怪的な現象を起こす」との記述もあった。人間が危害を加えられたことはないとのことだが、霊感がやや強めの人は度胸が要るであろうこの淡嶋神社、日本でも珍しいパワースポットに違いない。



淡嶋神社 
http://www.kada.jp/awashima/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【連載・がっかり情報紹介】 千葉県に「おっぱい公園」がある
【連載・日本の駅】巨大クスノキが高架ホームを突き抜ける! 京阪・萱島駅
【大阪珍スポット】 南大阪にある巨大な「塔」に誰もが驚く まるでガウディ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。