ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、余ったデータ通信分の繰り越しや家族間でのシェアに対応した新料金サービス「スマ放題」を7月1日に提供開始、6月11日より予約受付を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは6月7日、新料金サービス「スマ放題」のサービス内容を確定し、7月1日より提供すると発表しました。提供開始に先立ち、6月11日より同サービスへの予約受付が実施されます。「スマ放題」は、基本プランだけで国内音声通話をかけ放題(通話時間、回数、相手先の制約はなし)、データ通信プランでは、プラン別に設定された上限に達しなかった分を翌月に繰り越せる「データくりこし」を利用できる「データ定額パック」、家族でデータ通信量を分け合える「家族データシェア」で構成されています。ソフトバンクの新料金サービスの特徴は、データ通信分の繰り越せる点と、データ定額プランのバリエーションが多い点になると思います。「スマ放題」の割引・特典サービスとしては、「家族おトク割」、「長期継続ボーナス」、「U25ボーナス」の提供が予定されています。基本プランスマートフォン用「通話し放題プラン」:2,700/月フィーチャーフォン用「通話し放題プラン(3Gケータイ)」:2,200円/月タブレット用「タブレットプラン」:1,700円/月データ定額パック「データ定額パック2」:上限2GB、1,500円/月「データ定額パック5」:上限5GB、5,000円/月「データ定額パック10」:上限10GB、9,500円/月「データ定額パック15」:上限15GB、12,500円/月「データ定額パック20」:上限20GB、16,000円/月「データ定額パック30」:上限30GB、22,500円/月シンプルスマホ用「データ定額パック(シンプルスマホ)」:上限200MB、2,000円/月フィーチャーフォン用「データ定額パック(3Gケータイ)」:上限無し、3,000円/月「データくりこし」は、「データ定額パック5」~「データ定額パック30」なら当月余った分を100MB単で翌月に繰り越せるというものです。しかし、「家族データシェア」や「U25ボーナス」とは併用できないので、家族でシェアしている場合は繰り越せません。また、繰り越し分の有効期限は翌請求月末までとなっています。家族でデータ通信分を分け合える「家族データシェア」は、代表回線が契約しているデータ定額プランに設定されたデータ通信分を同一グループでシェアできるというものです。対象プランは「データ定額プラン10」~「データ定額プラン30」までで、子回線は1回線につき500円/月の追加料金が必要になります。Wi-Fiルーターについては、「Wi-Fiルータープラン」が設けられており、月額料金1,400円+データ定額プランで運用するか、500円/月で「家族データシェア」の子回線に追加できます。「家族おトク割」は、2~10回線を同一グループで契約すると、データ通信プランの料金から一定額を最大2年間割り引くというものです。同一グループで10GB以上のデータ通信量である必要があります。「長期継続ボーナス」は、携帯使用料に応じて付与される「Tポイント」の付与倍率がアップするサービス。3年~10年までは2倍、11年以上は5倍になります。「U25ボーナス」は、25歳以下のユーザーを対象に、「基本使用料の500円割引/月」または「データ量追加 1GB/月」を毎月プレゼントするサービスです。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、指定した日時にサポート担当者が電話をかけて質問などに回答する「電話サポート予約」の提供を開始
絶妙な色使いでXperiaのUIを美しいものに変えてくれるXperia用のテーマパック「Sleek Theme」がリリース
ワールドカップの公式動画配信アプリ「FIFAワールドカップ LEGENDS STADIUM」がGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。