ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

更迭の西武伊原監督 選手への罵倒連発でファン完全にそっぽ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在、パ・リーグ最下位に沈む西武ライオンズの伊原春樹監督が4日、辞任することを発表した。2002年に西武を優勝に導き、07年から09年にかけては、ヘッドコーチとして巨人のリーグに3連覇に大いに貢献した伊原監督だったが、スタート時から暗雲は漂っていた。

昨年10月の西武ドームでの秋季練習の初日、伊原監督は主砲・中村にいきなり「西武鉄道の初乗り料金は、いくらか知らんだろ?」と問いかけた。中村が「知りません」と答えると、

「140円だよ、140円!」
「初乗り料金を知らないなんておかしい。みんな高い給料もらっているけど、140円から始まっているんだよ」

と述べ、社会人としてのあり方を滔々と説教した伊原監督。さらにヒゲ禁止、茶髪禁止、ダブダブなスボン禁止などが言い渡されたが、主将の栗山は「初乗り140円とは知らんかった。勉強になった」と、大人の姿勢を見せていた。

しかしシーズンが始まり、成績が奮わなくなると、伊原監督は公の場で選手に対する罵倒を連発し始める。

「勢いが出たところで、(ランサムが)バチっと断ち切ってくれた」(4月20日)
「(レイノルズに関して)無理でしょ。彼の力では日本のプロ野球の1軍は」(5月1日)
「(菊池)雄星、あきまへんな。捕手の構えたところに来ない」(5月11日)
「秋山は昼間なのにボールが見えないなんて、(中略)集中力の欠如ですよ」(5月13日)

と、取材陣を相手に選手を名指しで非難し、こうしたやり方にファンからは、

「こいついつも選手批判してんな」
「お前が使ったんやで」
「伊原が一番使えねえよ」

と、ブーイングが殺到。さらに5月16日の秋田遠征では、豪雨の中、選手たちにランニングするよう指示し、これについても、

「意味の無い根性論」
「厳しさの方向性が間違ってるだろ」
「コーチ陣は何してるんや」

と、非難の声が殺到していた。

伊原監督は、かつて野村克也氏と激しい舌戦を繰り広げたことで、野球ファンの間では知られている。その舌戦とは、当時の野村氏が監督を務めていた楽天と、伊原氏がコーチをしていた巨人が対戦し、巨人側が盗塁死で試合が終わったことについて、野村氏が、「バッカじゃなかろうか」と、暗に伊原氏を非難。その際、伊原氏は「選手が成功すれば自分の手柄にし、失敗すれば責任を他人へ押し付ける」と、野村氏のことを非難した。

しかし「失敗すれば責任を他人に・・・」というセリフは、まさに伊原氏にそのまま返したくなるようなもの。6年間監督を務めた渡辺久信氏の後を受け、チームに復帰した伊原氏だったが、確執相手に投げかけた言葉が我が身に当てはまるようでは、チーム再建は難しかったようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西武へ移籍間近の森本稀哲 二軍戦での活躍が大きかったか
元西武監督伊原春樹氏 モデルの娘を前に「美女と野獣(笑)」
男子柔道五輪惨敗で篠原監督の後任候補に吉田秀彦氏の名前

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP