ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北米のAndroidユーザーの37%がKitKatを利用(米Chitika Insights調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Chitika Insightsが6月6日(現地時間)に公開した北米におけるAndroidバージョン別シェア統計によると、北米におけるKitKat端末は全体の37%と、Jelly Beanに続いて2位であることが判明しました。Googleが先日公開した2014年6月のバージョン別シェアでは、KitKatは13,7%ほどでした。北米では全世界と比較して2.7倍高いことになります。4月上旬の時点では25%ほどだったのが、この2ヶ月間で12%も増えています。北米では各社の2014年フラッグシップモデルが販売されていたり、KitKatアップデートも盛んに行われていることから、このような結果になったと推測できます。最も多いのはJelly Bean(47%)で、それと合算すると全体の84%を占めます。大多数はAndroid 4.1.x以上を搭載していることになります。3位はICS(8%)、4位はGingerbread(7%)、5位はForoyo(1%)でした。ベンダー別のKitKat率も公開されていました。これによると、Googleデバイスユーザーの96%はKitKatを利用しています。まあ、Googleなので当然ですね。続いて、MotorolaのKitKat率は59%と、Google以外のベンダーの中で唯一過半数を上回っていました。Source : chitika



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、指定した日時にサポート担当者が電話をかけて質問などに回答する「電話サポート予約」の提供を開始
絶妙な色使いでXperiaのUIを美しいものに変えてくれるXperia用のテーマパック「Sleek Theme」がリリース
ワールドカップの公式動画配信アプリ「FIFAワールドカップ LEGENDS STADIUM」がGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP