ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

64bit対応Atomプロセッサ「Z3735」を搭載した東芝のAndroidタブレット「Excite Go(AT7-C)」のハンズオン動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝が海外で先週発表した7インチのIntelタブレット「Excite Go(AT7-C)」のハンズオン動画です。Excite Goは、7インチ1,024×600ピクセルの液晶ディスプレイ、Intelの64bit対応Atomプロセッサ「Z3735」、64bit版Android 4.4.2(KitKat)を搭載しています。Z3735プロセッサはIntel “Bay Trail-T”のリフレッシュ版のことで、CPUは最大1.33/1.86GHz駆動のクアッドコアです。Excite Goは$110という激安価格で販売されますが、性能面は市販品も多い“Clover Trail+”タブレットを上回ると予想されます。Excite Goの重さは約350gで、7.5時間バッテリー(動画視聴は6時間)を搭載しています。メモリは1GB RAM / 16GB ROMを搭載。Micro SDカード(最大128GB)にも対応しています。ほかにも、ワイヤレスディスプレイ機能も搭載しています。Source : Mobile Geeks



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Fとされる端末の流出写真が公開
Xperia SP(huashan)用のCyanogenMod 11 Nightlyビルドが正式にリリース
OnePlus、第1弾スマートフォン「OnePlus One」の購入者向け招待を送付

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP