ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

返品可!アマゾンが中古車販売参入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazonが6月3日から中古車のネット販売を実施。巨大通販サイトの新たな一手に、ネットユーザーから驚きの声があがっている。

【画像や図表を見る】

中古車が販売されているのは、Amazon内の「カー・バイク用品」カテゴリー内の「自動車車体」というカテゴリーだ。6月3日に販売が始まり、価格は33万円、44万円、55万円の3種類。各車には年式、走行距離、車歴、外装や内装の評価点など各種データが添えられており、金額には消費税、2014年度分の自動車税、各種諸費用(2年付車両は車検代)がすべて含まれている。

中古車販売サイトは数多く存在するが、もともとネット書店からスタートし、書籍や音楽ソフトなど、気軽に“ポチれる”価格帯の商品が多かったAmazonが自動車を扱うようになったことは、ネットユーザーにとっても驚きだったようだ。2ちゃんねる「ニュース速報+」板の「【企業】アマゾンで中古車販売。 購入から最短2週間で車を受け取れ、送料無料、1週間以内なら返品可」というスレッドには、

「すげえ
さすがアマゾンや」
「これは中古車業界の脅威になるね」
「バイクも売ってくれ」

と、歓迎の声があがる一方、

「これはやりすぎw
モノを見て試乗するワンステップは外せない」
「ネットで中古車買うなんてアホの極み」
「車両情報すくなすぎ。
禁煙・喫煙も書いてないとかギャンブルじゃないか」

と、否定的な意見も続出。また、

「例の巨大ダンボールに入れて送ってくるの?」
「ヤマト運輸の代引でも買えますか?」
「返品ってどうやるの」

など、これまでの“Amazonあるある”が車に関しても通用するのかを問うコメントも少なくない。

このように注目が集まる中古車販売だが、3日にはおよそ200台が“陳列”されていたものの、4日夕方時点で185台に減っている。車の買い方の候補として検討してはどうだろうか。
(R25編集部)

返品可!アマゾンが中古車販売参入はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
アマゾンの「恐竜」レビューが話題
アマゾン動画配信 AV充実に歓喜
“往年の名車”いくらから買える?
販売減少でクルマも少子高齢化?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP