ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホをかざすと写真が動き出す!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラからプリントまで写真といえば富士フイルム。そんな写真を知り尽くした会社から、スマホを使って新しい体験ができるプリントサービス「動画フォト!サービス」が登場した。2種類のスマホ専用アプリ「動画プリント」と「ARビューア」を使うことで、2つのサービスを楽しむことができるもの。それぞれのサービスをご紹介しよう。

【画像や図表を見る】

1つ目は、動画から「写真」を切り出してプリントできるサービス。デジカメの普及で撮り直しが簡単になったとはいえ、通常の写真撮影だと、「ベストな表情を撮り逃してしまった…」なんて残念な結果になることも少なくない。しかし、「動画プリント」アプリがあれば、撮影した動画をアップロードするだけで、20枚程度の写真画像を自動で切り取ってくれる。その中から、お気に入りのショットだけをプリント注文できるので、失敗写真のリスクはほぼなくなる。雰囲気のいい写真だけが手元に残るというわけだ。さらに、写真には多彩なフレームで縁取りもOK。プリントされた写真はお店やコンビニで受け取れるほか、宅配便で自宅に届けてもらうこともできる。

2つ目は、“動き出す写真”=“うごくプリント”を見られるサービス。「ARビューア」アプリを立ち上げ、「動画プリント」でプリント注文した写真に記載された12ケタの数字を入力してスマホをかざすと、静止画であるはずの写真がなんと動き出すというもの! アプリをかざした写真は動画となり音声も出るので、旅先での鳥の鳴き声や虫の音、街の雑踏などその場の空気感までよみがえってくる。

この“うごくプリント”は、いろいろな楽しい使い方も考えられる。例えば、彼女へ印象的な誕生日カードを贈りたいとき、誕生日メッセージやハッピーバースデーの歌をあらかじめ動画撮影。“うごくプリント”にして彼女にプレゼントし、アプリでかざしてもらえば自分からの誕生日メッセージが再生されるのだ。ほかにも、成長したこどもの元気な様子を両親に伝えるフォトレター、遠くに行ってしまった仲間へのメッセージレターなど、“うごくプリント”1枚からいろいろなサプライズが演出できる。

「動画フォト!サービス」は、動画とも写真とも違う、今までになかった驚きが伝えられる新しいプリントサービス。スマホでの動画撮影が日常的になった今、こうしたサービスを思い出づくりやサプライズに活用しない手はない。アプリはApp store、Google playから無料でダウンロードできる。6月30日まで“うごくプリント”の無料モニターを募集中なのでぜひお試しあれ。
(R25編集部)

スマホをかざすと写真が動き出す!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。