ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年ブラジルW杯 テレビ観戦時におさえたい3つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月15日午前10時(日本時間)にコートジボワールとの初戦を迎える日本代表。日本戦(グループステージ)の地上波テレビ放送スケジュールは、以下のようになっている(いずれも日本時間)。

◇6月15日(日)午前10時
コートジボワールVS日本(NHK総合)

◇6月20日(金)午前7時
日本VSギリシャ(日本テレビ系)

◇6月25日(水)午前5時
日本VS日本コロンビア(テレビ朝日系)

 グループステージを勝ち抜けば、7月14日(月)午前4時~の決勝まで、眠れない日々が続く。ここで、テレビ観戦時におさえておきたい3つのポイントを紹介。寝不足を少しだけ我慢して、サムライブルーの勝利を祈ろう!

●時差12時間
 今大会は日本とは地球の反対側にあるブラジルで開催されるため、時差は12時間。つまりLIVEで観戦する場合、早朝となり、生活リズムが狂いやすい。見逃したり、寝てしまったということのため、録画予約しておくことをオススメする。また、日本VSコロンビア戦がある東部のクイアバ市とマナウス市は、時差が13時間あるので要注意。

●美女サポーター
 45分ハーフで戦うサッカーのテレビ中継では、画面は常にピッチの選手たちを追い掛けているが、時折、観客席の様子を映し出すことがある。そこで映るのが、スタジアムで観戦する各国の美女の姿。W杯には世界中の美女たちが観戦に訪れており、白熱した試合の一服の清涼剤となる。ただし、カメラマンの趣味だが……。

●地上波とBSで全試合観戦可能
 今大会は地上波で、全試合が観戦可能。日本戦のみならず、グループステージ初戦から決勝まで全試合が生放送で観戦できる。NHK BS1でも全試合を放送(録画)。また、今大会からハイビジョンの4倍の画素数を誇る「4Kテレビ」の試験放送も開始されるため、対応するテレビがある人は試してみるのもいいだろう。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入
24時間テレビ 計33回の放送で合計募金総額は291億円超
Jリーグ中継 視聴率1桁で短期間トーナメントをTV局員希望

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP