ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍昭恵「批判はしょうがない。それでも理想は捨てない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「これ一体誰なの?」と謎の美女の表紙が話題をよんでいる新雑誌『octo∞』(オクトアクティブエイジング)。表紙写真の女性は実は、1964年公開の映画『月曜日のユカ』出演時の加賀まりこ(当時20才!)だ。「もう一度、自分デビュー!」をキーワードに、50代以上の女性をターゲットにしたこの雑誌では、現内閣総理大臣夫人の安倍昭恵さんが登場している。

  居酒屋の女将になったり、「家庭内野党」を宣言したりなど、今までのファーストレディーとは、まったく違うスタイルを貫く昭恵夫人。2011年には、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に入学。修士論文「ミャンマーの寺小屋教育と社会生活─NGO寺小屋教育支援─」で、修士号を取得した。

 「大学院では、自分の頭でものを考えなくてはいけないということを学びました。考え方が違う人たちと出会ったことは大きかったですね。主人とは真逆の考えの人たちもけっこういました。たぶん大学院に行かなかったら、そういう人たちの意見を聞く機会はなかったかもしれないけど、なるほどと思うこともたくさんありました。議論することでお互いに歩み寄れる、立場や意見が違っても相容れる部分はかならずあると気づきました」(昭恵さん、以下同)

  そして東日本大震災をきっかけに、考え方に変化が。

 「2011年の東日本大震災。多くのかたがそういうかもしれませんが、私もこの震災を経験したことで、意識が変わりました。

  私が原発再稼働反対、輸出反対などと発言していることで、つい先日も、主人を応援しているかたから、総理の足を引っ張ってはいけないというお叱りを受けました。震災前の私だったら、『はい、わかりました』とおとなしく引き下がったでしょう。でも私は、地球の環境や持続可能な社会を目指すことに重きを置きたいのです」

  昭恵さんは、自らに対する批判の受け止め方も変わってきたと語る。

 「以前の私はすごく批判を恐れていましたが、今は批判されるのはしょうがない、それでも自分の理想を捨てないでいようと思っています。フェイスブックに寄せられた批判にも、きちんと向き合って私の考えを伝えているうちに、徐々に理解し応援してくださる人も増えてきました。夫婦といえどもそれぞれ違う考えがあってもいいのではないか。そうですね、強くなったのかもしれませんね。幸い主人も『おとなしくしていろ』とは言わない人なので、のびのびやらせてもらっています(笑い)」



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「これ誰?」と話題の雑誌表紙美女の正体はあの大女優だった
安倍昭恵夫人の居酒屋を公安部がマークしているとの情報登場
まさかの安倍昭恵夫人の都知事選出馬説 永田町で取り沙汰も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP