ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビ欄の記述と視聴率の相関 結果がわかると低視聴率に?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎日、新聞に掲載されるテレビ欄。そこにどのような文言が書いてあるかで、視聴率が左右されるという。テレビ局関係者が話す。

「テレビ欄は、基本的にプロデューサーが書きます。構成作家に相談する人もいますね。『2行にまたがって読みづらくならないように』など細心の注意を払っています。『!』が乱発された時期もありましたが、最近は減りましたね。『驚愕』『爆笑』など過剰な文言も、昔と比べれば、少なくなったように思います。

 ただ、フジテレビの『ウチくる!?』は、今でも『爆笑』を好みますね。4月27日は“我が家 芸人達が苦情を大暴露 先輩ネプから爆笑助言”、5月4日は“横浜中華 草笛光子 絶品牛ヒレ 水谷豊が爆笑恋人宣言”となっていました。お笑い芸人であるネプチューンの“爆笑助言”は理解できますが、水谷豊の“爆笑恋人宣言”はなんだかよくわかりません(笑)」

 新聞の購読者が減っていると言われるが、まだまだテレビ欄を見て、どの番組を見るか決める人は多いだろう。

「『ごきげんよう』(フジテレビ系)に注目すると、テレビ欄と視聴率の相関関係が見えてきます。4月25日は“東ちづる 溺愛ペット話で大興奮”で2.5%。かつてお嫁さんにしたい有名人でNo.1に輝いた東ちづるは、主婦層にはあまり受けないのかもしれない、と分析されます。

 4月23日は“モー娘。が順位付けで内乱ぼっ発”で2.7%。昼時の番組でファン層が男性のモー娘。をテレビ欄に持ってくることは無理があったのかもしれません。

 一方、5月6日は“原田龍二がドラマ相棒の裏側告白”で5.5%。主婦に人気の相棒の裏話を聞けると思い、チャンネルを合わせたマダムも多かったのでは。もちろん祝日のために数字が上がった面もありますが、前番組『バイキング』の4.2%を超えていますから、明らかに“引き”があった証拠です。

 疑問符を付けざるを得ない日もあります。4月21日、“藤あや子のボケに小堺コケ3回”で2.9%に落ち込みました。前番組『バイキング』が4.1%ですから、明らかにチャンネルを合わせる人がいなかった。

 その原因は、テレビ欄に影響があったように思えます。なぜなら、視聴者は見る前から藤あや子がボケるとわかっており、ボケの後に小堺一機が3回コケることも織り込み済みだからです。これでは、いくらボケとコケが冴えていても、視聴者は笑えない。

 たとえて言うなら、結果を知っているスポーツの録画中継を見るようなもの。“藤あや子のボケに小堺コケ3回”という結果がわかっているため、いつボケるのかばかりに気が行ってしまい、小堺のコケも『あ~、やっぱ3回コケた』と想定の範囲内になってしまうわけです。これでは、ボケた藤あや子と3回もコケた小堺一機が可哀相です」

 今日も、テレビ欄に何を書くかで、プロデューサーは頭を悩ませているに違いない。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジテレビ視聴率低迷はテレビ欄で右端になったから説を検証
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
三菱銀行人質事件 犯人射殺までの42時間視聴率42.3%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP