ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有吉弘行 家賃20万円から70万円の部屋へ引っ越すも不安あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 都心の大通り沿いにある一軒の小さな寿司店。北海道の漁港と契約し、産地直送で新鮮なネタを仕入れる同店は、週末ともなれば連日満席という人気店だが、5月下旬のある日曜日の夜、有吉弘行(39才)は他の客に交じってカウンター席に座っていた。

「ひとりでやってきては、カウンター席のいちばん端っこにポツンと座って、浮かない表情でした。板前や店員ともしゃべることなく、日本酒を片手に、握りを黙々と食べていましたよ」(居合わせた客)

 いまや、レギュラー番組13本、うち10本が冠番組という芸能界一の売れっ子となった有吉だが、この日はため息混じりの“おひとり寿司”だった。

 そして、わずか30分ほどで店を後にした有吉は、うつむきがちに、トボトボと夜道を歩く。そんな彼が帰った先は、ある超高級マンションだった。

「有吉さん、4月下旬にこの高級マンションに引っ越したばかりなんですよ。大物芸能人が数多く住んでいるところで、彼の部屋は、120平米で家賃70万円という、超豪華な一室です」(お笑い関係者)

 これまで有吉が住んでいたのは、家賃20万円ほどの都心から少し離れたマンション。以前、彼はテレビで自分の住むマンションは“田舎”にあり、芸能人がよく使う都心限定の高級フードデリバリー『ファインダイン』の配達エリア外であることを「すげえ悔しい」と嘆いていたが、新居は見事にエリア内となった。

“THE・芸能人”なマンションに“栄転”して喜びもひとしおのはずなのに、なぜ有吉は元気がなかったのか。

 理由は、突如現れた強力なライバルにあった。それは、現在、人気バラエティー番組に引っ張りだこのヒロミ(49才)だ。ヒロミは2004年に実業家に転身してからは、テレビから姿を消していた。

 あれから10年、「やっぱり芸能界がいちばん金になるわ」と話すように、ここにきてテレビに“出戻り”して、勢いそのままにバラエティー番組を席巻している。

 そんなヒロミは、5月8日放送の『櫻井有吉のアブナイ夜会』(TBS系)で有吉と共演したのだが、そのとき、有吉は必死の形相で、

「また芸能界のトップに立ってやろうという思いはないですよね?」

「そんな本気じゃないですよね? ぼくらの邪魔はしないですよね?」

 と、ヒロミを問い詰める一幕があった。

 さらにヒロミは、5月25日にゲスト出演した『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)でも、こうぶっちゃけている。

「この間も、有吉から“まさか本気で芸能界に戻ってくる気じゃないですよね?”って言われてさ」

 有吉と親しいある芸人仲間はこう語る。

「一連の有吉さんの発言は、冗談ではなく“マジ”です(苦笑)。有吉さんは今、ヒロミさんを警戒するあまり、“オレの仕事がなくなる……”なんて嘆いていますよ」

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
有吉弘行 再ブレークヒロミに危機感「本気で戻ってくる気?」
再ブレイク中のヒロミ 堺正章とクレー射撃で和解していた
今なおヒロミにゾッコンの松本伊代 「ダーリン」と呼ぶことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP