ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ニード・フォー・スピード』は元スタントマン監督が贈るCGなし高級車だらけの男気映画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「『アナ雪』に続け! 」ということで、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが送り出す最新映画、それが『ニード・フォー・スピード』! 人気レーシングカーゲームを原案にした本作には、マスタングをはじめ名だたる超高級スーパーカーがズラリ! これぞリアル”カーズ”!? とでも言いたいディズニー印のカーアクションについて、スコット・ワウ監督とスカイプで会話した! この人、『ネイビーシールズ』の監督でもあります。
―本作には、マスタングをはじめ名だたる超高級スーパーカーが登場します。車の選定基準は何だったのでしょうか。また、こうした60~70年代のスーパーカーを選択した理由は?

あくまでビデオゲームが元になっているということで、原作のビデオゲームに実際に登場する車のリストというものをEA(エレクトロニック・アーツ)にいただいて、そこから自分で、この映画によさそうな、自分の好きな車をチョイスしていって、自然となったかな。

―主人公が乗る名車フォード・マスタングは、過去の映画でも存在感を発揮しています。フォード・マスタングの映画との相性は、他社のソレと比べて、何が圧倒的に違いますか?

本作のマスタングはイメージ的には――やっぱり『ブリット』(68)のスティーヴ・マックイーンがモデルだよね。有名なストライプデザインといい、マスタングはものすごくこう、男っぽい、男くさい、こういかにも本当にマッスルカーという感じがするよね! 車体、フォーム自体がすごく男らしく、力強さを体現しているので、スクリーン映えするわけだ。

―監督がそれほど魅了される”車の魅力”とは、一言で言うと、どこにあるのでしょうか?

言葉では表現できないものだと思うが、とにかく疾走感やスピードの快感が最高だ。車以前にモトクロスの選手だったから、その時の経験も含め、走っている時のスピードの快感が一番の魅力だよね。で、”男と車”って永遠のテーマと言うか、車が好きじゃない男はほぼいないと思うけれど、憑りつかれるほどの魅力って、言葉では表現しにくいねえ(苦笑)。

―『ネイビーシールズ』の撮影時、次回作は車の映画を撮りたかったそうですね。それはなぜですか。また、『ニード・フォー・スピード』はもともと監督が撮りたかった車映画のイメージに合っていましたか? あるいは、まったく違ったイメージだったでしょうか?

『ネイビーシールズ』を撮っている時は、「この人って、ミリタリー系の映画がお得意の監督だな!」っていうステレオタイプにハマりたくなかった。だから、次はまったく違うタイプの映画を撮ろうと考えて、それと同時に、根っからの車好きで車のCMの監督なども何度も経験していたので、それが活かせるなということで車の映画を撮りたいぞと。でも、自分にはコンセプトがまるでなかった上に、アイデアもなかった。そこへ、スティーヴン・スピルバーグとドリームワークスが、この企画を自分に持ってきて、「ニード・フォー・スピード」というビデオゲームを映画化しないか? と誘ったと。「最高のアイデアじゃん!」と思ったわけだよ。だって、せっかく車の映画を撮るのであれば、レースだよね。特にストリートレースがテーマだと一番迫力があって、最高にクールな映画になると思って飛びついた。しかもビデオゲームも個人的に好きで、最高のレースゲームと思っていたからね!

映画『ニード・フォー・スピード』は、2014年6月7日(土)より、ロードショー!

【参照リンク】
・『ニード・フォー・スピード』公式サイト
http://disney-studio.jp/movies/nfs/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP