ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニコ生「ジェイソン・ステイサム祭り」大盛況!ザ・グレート・サスケと山路和弘が参戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新世代アクションスター、ジェイソン・ステイサムが主演を務めるサスペンスアクション『ハミングバード』が今月7日ついに公開。ということで、直前となる本日6日、ニコニコ生放送で開催された”ジェイソン・ステイサム祭り”にプロレスラーのザ・グレート・サスケと、ステイサムの吹き替えでおなじみの山路和弘が登場しトークを繰り広げた。

今月7日に『ハミングバード』、そして8月9日にはもうひとつの主演作『バトルフロント』の公開を控え、さらにテレビ東京でも特集が組まれ主演作が放送されるなど、まさに”ステイサム祭り”と呼ぶにふさわしい公開直前ウィーク。その最後を締めくくるニコ生は、進行に映画パーソナリティのコトブキツカサを迎え、山路とサスケが演技面・アクション面から魅力に迫るという、ステイサム愛あふれる特番となった。

視聴者から”シブい!””カッコいい!”というコメントが飛び交った山路が「過去作では『アドレナリン』がいちばん好きだけど、ずっと喋ってるからすごいキツかった!」とスタジオの笑いを誘うと、意外にもラブストーリーが好きだとカミングアウトしたサスケも「彼のアクションはイイですよ! 身体がしなやかなのでプロレス的にも勉強になる」と、のっけからハイテンションでスタート。

プロフィール紹介では、ステイサムが水泳のイギリス代表選手だったことに触れ、「あれだけの運動神経ですからね、納得の経歴」とサスケ。しかし山路は「さっきから”イケメン”とか”ハゲ”とかさあ(笑)」と、画面上に流れてくる視聴者からの”ステイサム大好きコメント”が気になって仕方がない様子であった。

ここで、”ステイサムの魅力は?”とズバリ問われ、山路が「彼のアクションは普通と違う。あの迫力はどこから生まれるんだろう?」と例え難い魅力を語ると、すかさずサスケが「あまりしなやかな動きができないスタローンは、ステイサムの身体能力を高く買っているんだと思いますよ」と、プロレスラーならではのコメント。コトブキも「ブルース・ウィリスも彼を自分の後継者と見なしているそうです」と、アクション界のパイセンたちから可愛がられているというエピソードを披露した。

今回は主演2作が連続公開ということで、まず『ハミングバード』について、サスケが「ロン毛のホームレス姿から始まりますからね。これは衝撃的ですよ」と、同作における”汚れステイサム”に言及。山路は「空気感がすごく好きですね。なんとなくフランス映画ぽかったり」と作中に漂うスタイリッシュな雰囲気が気に入ったようだ。

つづいて8月9日公開の『バトルフロント』について、「スタローン脚本だから分かりやすいのかと思ったら、チリチリと胃が痛くなるような作りこまれた作品だった」と絶賛。サスケも悪役を演じたジェームズ・フランコに触れ、「彼はいろんな演技ができる良い役者ですよ。今回は大ヒールを演じてますね!」と他の重要キャストについてもアツくコメントした。

ここで長年にわたって声を吹き替えている山路が”ステイサムを演じるコツ”を尋ねられると、「あんまり無い」と意外な答えが。「たまたま声が似てただけっていうか(笑)、自然体でできるからすごく楽しいですよ」とステイサムとの相性の良さを語ると、コトブキが「まったく同じことを大山のぶ代さんが言ってましたよ」と返し爆笑を誘っていた。

さらに、『ハミングバード』の場面写真に対し視聴者が想像したセリフを投稿し、山路が気に入ったものをチョイス。その場で声をあてる”生アテレコ”も行われたが、さんざん盛り上がってしまった”髪の毛ネタ”に山路が悪ノリするという、ある意味かなり贅沢なコーナーとなった。

放送終盤には、2011年公開の主演作『ブリッツ』本編の上映にあわせ出演者のエピソードトークや推しポイントを語る、ファン垂涎のコメンタリーも。ここでは、山路が吹き替え収録時の裏話など声優しか知りえない現場トークを披露したり、若い世代に”吹き替え派”が多くなっているという話を受け「たとえば(セリフに)情報が多すぎるときなど、字幕より合理的なこともあるんですよね」と昨今の吹き替えブームを考察するなど、最後まで大いに盛り上がった。

みんな大好きステイサム兄貴の『ハミングバード』は6月7日、『バトルフロント』は8月9日公開!

 

 

【参照リンク】
・『ハミングバード』公式サイト
http://www.hummingbird-movie.jp/
・『バトルフロント』公式サイト
http://battlefront.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP