ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初?の衝撃映像が話題に 月を最も長い間見つめてきた「生きている化石」の生態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月4日”ムシの日”にあるゴキブリの動画が公開され話題を呼んでいる。でもこの動画、単なるゴキブリの生態動画ではないのだ。

【動画】http://youtu.be/QeW5O6GGOtM

月明かりの漏れる夜、よくある台所の片隅に置かれたゴキブリホイホイから、カサカサ音が聞こえてくるシーンから始まるのだが、その先は誰も想像しなかった予想外の展開に突き進む・・・
この衝撃的でロマン溢れる動画は、日本初の民間月面探査チーム「ハクト(白兎)」が作ったもの。Googleによる国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に参戦する日本唯一のチームとして、2015年末までにロボットでの月面探査を目指し、挑戦し続けているのだ。その自分たちの取り組みを、多くの人たちに知ってもらうきっかけとしたてみんなをアッと言わせる動画を作っていたら、最終的にこの作品が出来上がったという。

実際動画を見たネットユーザーからも、

「こういうアホなヤツ嫌いじゃないよー」
「前半はぎょっとするけど、後半はアレな感じに・・・・。でも、www。。。)」
「ゴキブリを見るために? 勇気を出した。 見てたら思わずフッと笑ってしまった。」

など、絶賛コメントが多数寄せられている。

なぜゴキブリが起用されたのか?については、総合プロデューサー&クリエイティブディレクターのHaruHaru氏いわく、「約3億年前の古生代石炭紀から地球上に生き続け、”生きている化石”ともいわれるゴキブリだから、月への想いも”宇宙一”といえるのではないかと思った」からだそう。

「ハクトは、『世界初の民間組織による無人月面探査』を実現し、ワクワクする宇宙開発への道を切り拓くというビジョンを掲げて日夜取り組む”日本唯一”のチームです。つまり、最も長く月を見つめてきたであろうゴキブリに負けぬほど、月への憧れを持っています。そこで、民間月面探査チームのハクトは、同じ憧れを持ったゴキブリを徹底的に定点観測。とある一般家庭の台所で定点撮影した際、ゴキブリが秘める脅威のパフォーマンスを見せる決定的瞬間をとらえました。
羽ばたきによる結末は、まさにサプライズがまっていますので、是非多くの人に見てもらい、月の魅力・ハクトのことを知ってもらえれば幸いです。」(一部抜粋)

ちなみに映像内のゴキブリは本物で、撮影後、自然に帰したそうだ。

夢とロマンに満ち溢れたゴキブリ主演の不思議な動画。興味と勇気のある方はぜひ見てみてはいかがだろうか。

【参照リンク】
・HAKUTO
http://team-hakuto.jp/ 
・【衝撃映像】ゴキブリの新たな生態が明らかに!?  ~Fly Me To The Moon; A Cockroach’s Dream~
http://youtu.be/QeW5O6GGOtM 
Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP