ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S 10.5は厚さ6.6mm、質量465gの薄型タブレット、流出資料より判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月12日に米国で発表される「Galaxy Tab S 10.5」のマーケティング資料あるいはスライド資料の一部がSamMobileで公開されました。画像では、Galaxy Tab S 10.5のデザインや一部のスペック、特徴的な機能を確認することができます。中でも、筐体の厚みが6.6mmで、質量は465gと、Galaxy TabPRO 10.1よりもスリムで軽量であるところが注目されるところです(Galaxy TabPROは7.3mm、469g)。Galaxy Tabシリーズでは最薄の機種になると思います。また、カメラ周りのアップ画像からバックパネルのデザインも把握できます。Galaxy TabPROのようなレザー風デザインではなさそうです。機能面では、これまでのGalaxy Tabシリーズにはなかった「Remote PC」というリモートデスクトップ?機能も搭載されています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android向けに「Nearby」機能の提供を計画
64bit対応Atomプロセッサ「Z3735」を搭載した東芝のAndroidタブレット「Excite Go(AT7-C)」のハンズオン動画
Motorola、Moto X 64GBモデルの発売を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP