ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huaweiがスマートフォン向け8コアbig.LITTLEプロセッサ「Kirin 920」シリーズを発表、LTE-Advancedにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiが中国でプレスイベントを開催し、同社初のスマートフォン向け8コアプロセッサ「麒麟(Kirin)920」シリーズを発表しました。Kirin 920(K3V3)はHuawei傘下のHisiliconが製造した28nmプロセスのスマートフォン向けSoCです。CPUはCortex-A15×4+Cortex-A7×4の8コア big.LITTLE仕様で、CPUクロックは、Cortex-A15が最大1.7GHz~2.0GHz、Cortex-A7が1.3GHz~1.6GHzとなっています。GPUにはARM Mali-T628を使用しており、最大2,560×1,600ピクセルのディスプレイをサポートしています。Kirin 920では、LTE Categroy 6(LTE-Advanced)にも対応しています。スループットは下り最大300Mbpsです。Huaweiが公開したロードマップ資料によると、Kirin 920は32bitプロセッサなのですが、2015年には64bit対応のプロセッサを投入する予定です。Source : Weibo(Huawei)



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、Moto X 64GBモデルの発売を発表
Sony、Android用Socialifeのメジャーアップデート版を来週配信
サイバーリンク、動画編集ソフトウェア「PowerDirector」のAndroidタブレット版をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP