ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、プリペイドスマートフォン「プリスマ」の対象にスマートフォン8機種を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは6月6日、基本使用料不要・通話料前払い方式で使えるスマートフォン「プリスマ」の対象機種を8機種追加しました。プリスマは、ソフトバンクのプリペイドケータイ「プリモバイル」のスマートフォン版で、購入したプリペイドカード(3,000円/5,000円)の登録金額分だけで、基本使用料等を支払うことなくスマートフォンを利用することができます。今回プリスマの対象に追加されたのは、102P、MEDIAS CH 101N、AQUOS PHONE The Hybrid 101SH/007SH、Dell Streak 001DL、AQUOS PHONE 102SHII、Dell Streak Pro 101DL、AQUOS PHONE The Premium 009SHです。いずれも古い機種なのですが、10,260円または15,660円の安い価格で販売されています。プリスマでは通話や国際電話、SMS、S!メール、3Gパケット通信を利用できます。パケット通信は2日/7日/30日の定額サービスとなっており、2日プランが972円、7日プランが2,916円、30日プランが7,560円で提供されます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11 NightlyがAndroid 4.4.3にバージョンアップされる
Tegra Note 7にOTA 2.4アップデートが配信開始、GPSパフォーマンスが改善
Samsung、“Gear 3”を“Galaxy Note 4”と同時に9月に発表?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP