ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HIPHOPシーンのために──MC漢、かつての所属レーベルとの過去を激白

DATE:
  • ガジェット通信を≫
HIPHOPシーンのために──MC漢、かつての所属レーベルとの過去を激白

9sari group × BLACK SWAN/画像は公式Webサイトより
6月4日、MC漢さん主宰のレーベル・鎖グループと、4月に発表され話題を呼んだDARTHRADERさんが代表に就任したBLACK SWANによる合同公開記者会見が、ライブストリーミングサイト&スタジオ・DOMMUNEで生配信された。

そこでのAmebreakが撮影した、記者会見以降の2時間の様子がノーカットでYouTubeで公開。MC漢さんがかつて所属していたレコードレーベル・Libra Recordsに対する金銭トラブルなどに関する話が語られ、現在波紋を呼んでいる。

鎖グループ & BLACK SWAN 公開記者会見 on DOMMUNE (2014 06 04) – YouTube

会見の前半は2014年3月に亡くなられた、BLACK SWAN前代表の佐藤将さんを追悼するプログラムが行われ、後半では、今回公開された、両レーベルからリリースするアーティストの紹介や契約書が交わされた。

その後、MC漢さんらがLibra Recordsでのトラブルや、MCバトルの大会「ULTIMATE MC BATTLE」の現状など、これまであった赤裸々な過去や実情について、関係者を交えて振り返っている。詳細は動画を視聴していただければ幸いだが、HIPHOP、そして音楽ビジネスにおける濃過ぎる内容が展開されている。

鎖グループとBLACK SWANは、9月から2015年1月にかけて、5ヶ月連続で5曲入りのEPをリリースする。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。