ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私は一人の人間だ!「○○ちゃんのママ」と呼ばれるのを拒否

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人それぞれいろいろなこだわりがあるが、そのせいで妙な噂が広がってしまうことも。神奈川県に住む運送業のKさん(46才)は、奥様の呼ばれ方に対するこだわりのせいで、まさかの展開になってしまったという。

 * * *
 うちの妻(38才)は「○○ちゃんママって呼ばれるのだけは、死んでもいや」と言い張ります。「大前提としてぇ~、私は~、ひとりの人間だし~、娘のママである前に、まず女なんです~」と、ぬけぬけと言うんです。

 それを聞き流していたらなんと5才の娘に自分を「洋子さん」って呼ばせてたんですよ。先日、家族で公園に遊びに行ったとき、娘が妻に駆け寄っていくとき「洋子さーん」って言うもんだから、そこにいた人たちの視線がオレと妻に集中。

「あら、あの子、ダンナさんの連れ子だったのね」ってヒソヒソ話している。で、あわてて「ママだよ! マ~マ」なんてぼくが言ったのもやぶへび。

「あら~、無理やりにママって呼ばせてるのね!」って言いながらママ同士が目で合図してました。ぼくがこれだけ神経を使った“洋子さん事件”を、妻はたった一言。「気のせい」で片づけましたけど…。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ASKA 「もうクスリやめて」と懇願する妻に凄まじいDVをした
ママ友ランチ会 節約のために水飲むママは次回呼ばれない
息子の茶髪も自分の左遷も「時代のせい」で済ませるバカ夫

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP