ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“Xplus1”や“ULine”を含むいくつかのMotorola未発表モデルのコードネームが明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaの次期フラッグシップスマートフォンと伝えられている「Moto X+1」を含むいくつかの未発表機種のコードネーム情報がネット上に出回っていました。これらのコードネームは、Motorolaソフトウェアの「Bug2Go」に表示されていたものなので、実在することは間違いないと思います。そのコードネームというのは、“Xplus1”、“Titan”、“xWatch”、“xClock”、“ULine”、“Quantum“です。最初の“Xplus1”は上記の「Moto X」のことでしょう。ラインアップを見ると、米国の4大キャリアモデルのほか、EMEA地域や南米モデルも存在します。次の“Titan”もグローバル展開される機種のようですが、アジア地域が含まれている一方、米国向けは“US”とひとくくりになっています。“xWatch”と“xClock”はMoto 360ではないかとみられています。“ULine”と“Quantum“の詳細はわかっていませんが、“ULine”はVoLTEに対応しており、米国モデルにはVerizon向けしかありません。Droidスマートフォンの新モデルでしょうか。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
ECG / EEG / 心拍数 / 体脂肪率 / 柔軟性 / ストレスレベル / 筋伸長 / 発汗量 / 体温などを計測できるスマートウェア「AIQ Smart Shirt」がComputex 2014で展示
プリンストン、タブレットスタンドとしても使えるUSBポート×4付きのOAタップ「Unitap」(PPS-UTAP4)」を発表
Samsungの12インチ4Kタブレットの試作機がフランスで展示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP