ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『荻原郁三、六十三才。』の裏側を、監督・長谷部守彦に聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月5日から、映画『荻原郁三、六十三才。』が六本木シネマートで公開される。無骨に感じるタイトルだけれども、笑いあり、感動ありの”寿司エンターテイメント”映画らしい。一体、どんな映画なのだろうか?

主人公は、今にも潰れそうな寿司屋店主の荻原郁三(演・五王四郎)。ある日、外資系企業から「銀座に出す大型寿司店の店長にならないか?」とオファーを受ける。悩んだ末に断るが、外資系企業は罵声を浴びせたため、反発して1日だけ銀座のカウンターに立つことに。しかし、慣れない大型店での仕事で、荻原は大失態を見せてしまう……。

監督・脚本は長谷部守彦。本業は、広告会社でクリエイティブディレクターを務めている。

「主演の五王四郎は、年の離れた古くからの友人。5年前に会ったとき、『俺は65才までに、俺の代表作をやる! 書いてくれ!』って言い出した。最初はびっくりしたけど、実は、似たような思いは僕にもあった。『このままでいいのか?』っていう……それに、僕や五王さんだけじゃなく、ほかの役者も同じような感覚を持っていたんです」

その後、長谷部監督は台本を書き上げ、役者を集めて読み合わせを行う。「うまくいくのでは?」と思ったそうだが、映画化するのに必要となる配給会社やスポンサーは見つからない。しかし、「これをやらないままではいられない」と、自分たちでお金を出し合い、機材を揃え、撮影を始めたという。

完成までに要した時間は3年以上。舞台となる寿司屋は、本物の寿司店を定休日に借りて撮影した。完成後もなかなか劇場公開できなかったが、一方で海外の映画祭に出品。すると「カナダ国際映画祭2013・ライジングスターアワード」受賞など、好評を得た。

ただ、なぜ寿司屋が舞台なのか?

「商店街のお寿司屋さんとかお蕎麦屋さんは、僕の原風景。今はそういうお店が消えていっているけれど、どこかに留めておきたかった」

さらに、映画のタイトルには、こんな秘密も……。

「荻原郁三って、五王四郎さんの本名。しかも、62歳で撮り始めて次の年には公開するくらいのつもりで題名を『63才』にしておいたのに、先日、五王さんは67歳になっちゃった(笑)」

役柄としての荻原郁三には、長谷部監督から見た「僕の知ってる五王さん」を投影したのだとか。また、台本を書いた時期がちょうどリーマンショックの直後ということもあり、「みんなが希望とか自信を失いかけている中で、『忘れちゃいけない大切なこと』や『もう1回、頑張ってみようよ』という思いもあった」そうだ。

『荻原郁三、六十三才。』は、7月5日より六本木シネマートにて期間限定公開

【参照リンク】
・『荻原郁三、六十三才。』Facebook
https://www.facebook.com/ogiwaraikuzo63 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP