ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美容ケア、当たり前なのにやっていないこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男女のリアルな恋愛事情を取材・執筆するライターがお届けする、恋がうまくいく方程式「恋愛サプリ」。普段のちょっとした心がけで、恋はうまく進みますよ。

当たり前なのにやっていないこと
私の女友だちに「ツルぴか肌」でモテモテの人がいます。美意識がとても高く、普段からエステや美容皮膚科などに通い、美肌をキープするために努力しています。
先日そんな彼女からこんな発言が。「ねえねえ、すっごく当たり前なのに、みんながあまりやっていないことってなんだと思う?」。
むき卵のような美肌の理由
それは、顔の産毛の処理なんだそう。「えー、それくらいしてるよ」と答えると「自己処理は危険。カミソリを週一肌にあてるだけでも結構なダメージなんだから」とのこと。
彼女は美容皮膚科のレーザーで顔の産毛をくまなく処理しているのだそうです。むき卵のような美肌の理由がなんとなくわかりました。
でも彼女はそれを自慢したいのではなくて「みんなが見落としがちな部分の処理」のことを言いたかったみたい。
重要なのは唇の下
「あのね、下唇のすぐ下のところ。下唇の外側のラインからあごのくぼみあたりまでの部分ね。ここの産毛を上手にそってない女性って結構多いのよ。そしてここの産毛がお日様の光に透かされると、結構目立ってなんだかがっくりな感じなの」。
どきっ! 私もここの部分はあまり意識していなかった…。彼女いわく、男性は女性の唇を見つめるから、この部分に産毛があると、ちょっと引いてしまうんだって。ヒゲっぽい…って(笑)。
うっかり見落としがちな唇下の産毛。小さなことだけど、男性にとっては大きながっかりポイントになるみたいだから、しっかりすっきり処理したいですね!
Portrait image via Shutterstock
モデル/知念沙也樺 衣装協力/Cocoonist(コクーニスト)



(グリッティ)記事関連リンク
夜「突然」かわいくなる秘密は、「白いもの」にあった
美人は「肉食」って本当みたい!
デート中の「スマホいじり」は別れを決意するほど悪印象

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。