ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の遺伝子検査で薬の量を決めるテーラーメイド疼痛治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 痛みは身体が発する警告だ。痛みを感じることで、ケガや病気を知ることができる。一方で過度の痛みは生活の質を著しく落とすので、適切に制御される必要がある。ところが、痛みの感じやすさや鎮痛剤に対する感受性(効きやすさ)には個人差があり、鎮痛剤の必要量が人によっては5~10倍違うので、臨床現場では患者ごとの適量を決めるために試行錯誤している。

 痛みや鎮痛剤に対する感受性の違いが発生する原因の一つに、遺伝的要因がある。そこで最新の遺伝子解析技術を使い、痛みに関わる遺伝子配列の違いを特定する研究が行なわれている。

 東京都医学総合研究所の池田和隆参事研究員に聞いた。

「実験用のマウスには様々な系統があり、モルヒネの効きが悪いマウスもその一つです。それを調べたところ、遺伝子配列の一部が違うことを発見しました。人間でも同じような遺伝子の配列の違いが確認され、現在は鎮痛剤感受性と関連ある5つのSNP(一塩基多型・いちえんきたけい)を特定しました」

 痛みや鎮痛剤の感受性に関わる5種のSNPの中で、日本人に多いのがミューオピオイド受容体のSNPの違いだ。欧米人はこの違いを持つ人が少ないが、日本人では半分以上で、この配列の違いを持つ。またCREB1というオピオイドのシグナルを細胞の中で伝えていく分子のSNPは、鎮痛剤感受性に一番強く関連しており、伝わりやすい人と伝わりにくい人がある。

「約350例のデータを解析して、SNPの違いによる投与量の予測式を作りました。それを用いて、下顎形成外科手術の患者に対し、予測した投与量に応じた治療をして、その有用性を検証しています」(池田参事研究員)

 予測式を用いたテーラーメイド疼痛(とうつう)治療は、世界初の試みだ。希望者を対象に口粘膜からの遺伝子採取と、手指氷水浸漬法を行なう。そこで得られたデータは匿名化されて研究所に送られ、予測式を元に投与量を算定し、患者ごとに鎮痛剤の量を変えて投与される。今後は他の手術後痛や、がん性痛などに対してもテーラーメイド痛治療が行なえるように研究が進められる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間3万人が死ぬ肝がん 遺伝子により発症リスクに2倍の差
遺伝子研究から「血液型」と「病気」の関係が解き明かされる
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP