ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Glass風のAndroidスマートグラス「SiME」がComputex 2014で展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在台湾で開催中のComputex 2014イベントで、Google Glassに似たスマートグラス「SiME」が出展されていたそうです。SiMEは、台湾企業の巨景科技(King Technology)が開発したメガネ型Androidデバイスです。展示品はプロトタイプだそうで、最終版ではデザインが変わることもありますが、作りはGoogle Glassを参考にしたという感じです。どういうものかというと、度なしのメガネとタッチスクリーンを備えた本体で構成されており、OSはAndroid 4.2を搭載しています。メガネ側のスクリーンに上にAndroidのUIを表示し、本体上のタッチパッドで操作します。目の前でAndroidを操作する感じです。通常のAndroidスマートフォンとは違って画面上にマウスカーソルが表示されるそうです。スクリーンサイズは不明ですが、解像度は1,280×720クセルです。Cortex-A9 1.2GHzデュアルコアプロセッサや1GB RAM、4GB ROMを搭載。バッテリー容量は570mAhです。本体の目の前あたりに500万画素のカメラを搭載しており、写真や動画を撮影できます。ワイヤレス通信はWi-Fi b/g/nとBluetooth v4.0に対応しています。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorolaのタスク自動化アプリ「Motorola Assist」がアップデート、運転モードへの切り替え精度が向上、自宅内で発信者やSMSの読み上げる機能も追加
ソフトバンク、プリペイドスマートフォン「プリスマ」の対象にスマートフォン8機種を追加
LG G3、韓国での販売台数が1週間たたずに10万台を突破

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP