ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国の大手書店チェーン Barnes & NobleがSamsungと共同ブランドのAndroidタブレット「Galaxy Tab 4 NOOK」の開発で提携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungと米国の大手書店チェーン Barnes & Nobleが共同ブランドのAndroidタブレット「Samsung Galaxy Tab 4 NOOK」の開発で提携したと発表しました。今回発表された「Galaxy Tab4 NOOK」は、SamsungのハードウェアにB&Nが独自のファームウェア・ソフトウェアを搭載したという製品です。Google Play EiditonのB&N版ですね。B&Nは数年前から毎年自社ブランドのAndroidタブレット「NOOK」シリーズを発売してきましたが、今年はNOOKタブレットの新型を作らない代わりにSamsungと提携したのでしょうか。Galaxy Tab4 NOOKは、その7インチモデルが今年8月上旬に米国のB&N店舗とオンラインショップで発売される予定です。仕様などは公開されていませんが、電子書籍、Androidアプリ、デジタルメディアの利用に特化したNOOKタブレットの機能をGalaxy Tab4に詰め込んだ製品になると思います。Galaxy Tab4の詳細はこちら。Source : Barnes & Noble



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3、韓国での販売台数が1週間たたずに10万台を突破
国税庁、e-Taxのスマートフォン版を6月16日にリリース
Action Launcher v2.1のベータ版がリリース、ダブルタップで画面OFFや“OK,Google”機能が実装される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP