ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kirin 920プロセッサを搭載したHuawei “Mulan”の画像、スペック、ベンチマークスコアが流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiのオクタコアプロセッサ「Kirin 920」を搭載した“Mulan“と呼ばれるスマートフォンの画像やスペック情報、ベンチマークアプリのスクリーンショットが中国のマイクロブログサイト Weiboで公開されました。“Mulan”は今のところコードネームで呼ばれていますが、高いベンチマークスコアとスペックからAscend Dシリーズの新モデルと予想されています。Huaweiはこの機種をまだ発表していないものの、Weiboの科技全球汇によると、“Mulan”は8月16日に開催されるHuaweiのイベントで発表されるらしい。“Mulan“の基本スペックは、5インチ1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、Kirin 920/K3V3 1.3GHzオクタコアプロセッサ、3GB RAM、16GB ROM、背面に1,300万画素カメラ、前面に510万画素カメラを搭載。プロセッサは1.3GHz駆動ながらも、37,999という高いAntutuスコアを叩き出しています。また、画像によれば、筐体はやや丸みを帯びており、Xperia arcのようにわずかに弧を描く形状です。Source : Weibo(1)(2)(3



(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、Android版Yahoo!地図に「360度パノラマビュー」機能を追加、ヤフオクドームで利用可能
Motorola幹部がフルHD解像度のスクリーンショットを公開、Moto X+1で撮影?
“Xplus1”や“ULine”を含むいくつかのMotorola未発表モデルのコードネームが明らかに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。